日本一周した僕が教える、ヒッチハイクで得られる3つの能力、スキル

ヒッチハイクをすると日常生活では得ることのできない能力やスキルを身に付けることができます!!!どの能力も社会人になって非常に役立っております。
今日はその中でも、特に役立っている、ヒッチハイクで得ることのできた能力を3つ紹介します!!!

強靭なメンタル

ヒッチハイクをしたことで、強靭なメンタルがつきました。笑
毎日、数百台、数千台の前で一人でヒッチハイクをして、赤信号の時には自ら話しかけにいきます。
そして、車に乗せてもらったら、全く知らない赤の他人に積極的に話かけ、楽しませなければならないからです。
 
それだけではなく、ヒッチハイクをしていると、全く知らない土地で下ろされたり、
全く人がいない場所で下ろされたりすることもあります。
一人で初対面の人に話しかけたり、上記のように思い通りにいかないことの方が多く、様々なハプニングが発生します。笑
だからこそ、日常生活では得ることのできない強靭なメンタルが得られます!!!
 
ちなみに、前述している通り、ヒッチハイクは基本的に一人で行なった方がいいです。
二人以上だと、座席にも制限がありますし、運転手に警戒心を与えます。

営業力

ヒッチハイクでは、「運転手の方に、なるべく遠い場所まで車に乗せてもらう OR 目的地まで送ってもらう」ために、
運転手の方の警戒感を解き、運転手の方を楽しませることばかり考えていました。
結果、これが営業をする際に役立ちました!!!
 
例えば、会社員で営業職についた場合、初めてお客様と会ってから、何か商品を提案したりするためには、
必ずお客様の考えや多くの情報を引き出すことが必要です。
そのためには、警戒感を解き、お客様と仲良くなる必要があります。
 
警戒感を解く→お客様と仲良くなる→多くの情報を引き出す→商品を提案する
というステップになります。
 
ヒッチハイクでは、上記のように、相手の警戒感を解き、相手と仲良くなるステップがあります。
 
例えば、車に乗せてもらったら、相手の警戒感を解くために、自己紹介をし、自分のことを話します。
すると相手も「自己開示をしなければならない」という心理的な状況になり、自分の話をしてくれます。
そこから、趣味の話を相手にさせることで、「相手の気分」を良くします。
人間は自分の好きなことを話すのが大好きですからね!
そしたら自然と、出身地、会社、家族構成など様々なことを聞くことができる状態になります!
 
自己開示をする→運転手の警戒感を解く→運転手が自己開示をする→運転手のことを知る→趣味などを話させる+ヒッチハイクならではのハプニング話をする→運転手を楽しませる→運転手と仲良くなる→多くの情報を聞き出せる
 
運転手の方の警戒感を解き、運転手の方を楽しませるという行為が、
のちに営業で初対面のお客様と仲良くなる練習」になっていました!!!

幅広い人脈

ヒッチハイクをして一番よかったと思うのは、「幅広い人脈」を形成できたことです!!!(能力ではありませんが、、、)
 
当時はそこまで重要に感じていませんでしたが、「幅広い人脈」は今後ビジネスをする上で必ず基盤になるからです!
少し話はそれますが、様々な経営者にお会いし、私の父や祖父も経営者ですが、
みなそろって「ビジネスで成功するために最も必要なのは人脈だ」と言っています。
 
全国221店舗の美容室EARTHグループ代表である國分利治氏が著者である、
「地道力」という有名な本でも、以下の記述があります。

ビジネスの7割は「人脈」で決まる

 それくらい、人脈は大切なんです。
 
ヒッチハイクでは、
  • IT企業の社長、不動産業界で独立している経営者
  • 介護福祉士、医者、看護師
  • サッカー選手、ミュージシャン
  • 世界一周している人、自給自足している人
  • 自衛隊(東日本大震災の支援で現場の先頭に立っていた統括者、責任者)
などなど、日常生活ではなかなか会えない方に会う機会があり、
今でもご飯に行く人もいて、本当に幅広い人脈を手にいれることができました!!!
 

最後に、、、

ヒッチハイクをするって、非常に勇気のいることだと思います。
しかし、日常生活ではお会いすることのできない人たちに出会い、日常生活では得ることのできない能力を得ることができます!!!
もし、ヒッチハイクのことに関して他にも聞きたいことがあれば、ご連絡おまちしております!
 
ヒッチハイクのコツが気になるのであれば、下記のサイトを見てください!!