次回から『副業コンパス』とご検索くださいませ

【銀行員の転職理由10個】を贈る!銀行員から転職したいあなたへ!

クニトミ

元銀行員で、今はwebマーケ会社で30名ほどが関わる投資系メディアの編集長を勤めている、クニトミです。

  • 何かしらの理由で銀行員から転職したい!
  • ストレスに耐えられなくて転職したい!
  • とにかく転職したい!笑

と疑問に思っている銀行員の方の悩みを解決できる記事になっています。


誤解がないように最初にお伝えします。
以下で紹介することは、他の銀行に勤めている友人からも話を聞き、『転職したい理由』を調査しました。


銀行員からWebマーケ会社に転職した僕が「銀行員を辞めたい銀行員へ、僕が転職した理由10個」をお贈りします。

銀行員の転職理由1:ストレスな毎日から解放されたかった

僕が銀行員を転職したい最大の理由は『ストレスな毎日から解放されたかったから』です!

  • 細かすぎる事務作業、事務手続きに6時間も費やす毎日
  • 20種類のノルマに対して詰められる毎日
  • 異動時期の飲み会ラッシュ
  • 無駄な会議、無駄な勉強会、無駄な残業、無駄な資格取得

あげたらきりがありません。僕は上記の内容に関して『意味を見出すこと』ができず、ストレスを非常に感じてしまいました。


『このストレスな毎日から1日でも早く解放されたかった!』というのが最大の転職理由です。

銀行員の転職理由2:過酷なノルマから解放されたかった

上記の転職理由と少し似ていますね。20〜30種類のノルマに対して上司から詰められる毎日が本当に辛かったです。


投資信託、生命保険、変額保険、医療保険、外貨定期、教育資金、結婚資金、クレジットカード、などあげたらきりがないです。


どの目標を達成しても『◯◯の目標はどうなっている?』と詰められます。


このまま銀行員で居続けたら『僕の人生は、一生ノルマに追われる人生になる』と思い、転職を決意しました。

銀行員の転職理由3:仕事後は”自分のため”に時間を費やしたかった

仕事後の時間は『出世のための資格勉強、休日出勤、休日のボランティア活動、飲み会参加、商品の勉強』をしており、全く自分の時間がありませんでした。


もちろん全てが無駄だとは思っていませんが、僕が歩みたい人生においては全て不必要であり、役に立たないものでした。


あなただって『もっと他のことに時間を費やしたい!』と思っているはずです。


銀行員以外の職種であれば『自分の夢、友達や恋人や家族に割く時間、自分の趣味など』にもっと時間が割けますよ。

銀行員の転職理由4:『銀行員には向いてない』と直感で感じたから

『銀行』に問題があるとは一切思ってないです。世の中には銀行員に合う人もたくさんいます。『僕』が『銀行』に合っていなかった。ただそれだけの話です。


もちろん、僕には『銀行員になって獲得したいモノ』があり、それを獲得することができたのですぐに転職しました。

『とりあえず3年働こう!』は非常に危険です!

もしあなたが『とりあえず3年働こう』と思っているなら、もう一度『銀行員として得たいモノは何か?』を考えた方がいいです。


『とりあえず3年働こう!』と中途半端な気持ちで働くと、あっという間に第二新卒の権限を逃し、家庭を持ってリスクを犯せなくなり、転職活動がしにくくなります。


少し厳しいことを言うことですが、やらない理由ばかり並べていたら一生銀行員のままですよ。


第二新卒の重要性については下記を参考にしてくださいね。

銀行員の転職は『第二新卒』までにすべき理由は?銀行員の転職先は?

銀行員の転職理由5:無断なことに時間を費やしたくなかった

事務でミスしないための事務勉強会、無駄な会議、役に立たない資格勉強、異動時期の飲み会ラッシュなど。僕にとっては全てが『無駄』に感じてしまいました。


もちろん仕事の1つ1つに意味を見出すことは非常に重要です。


しかし、『僕の人生にとって価値あることか?』という基準で見た時には上記の内容は全て『価値がないもの』だと感じてしまいました。

銀行員の転職理由6:尊敬できる上司がいなかった

これは僕の完全な主観ですが、尊敬できる上司がいませんでした。もちろん”一人の人間”としては好きです。


しかし、『仕事面』という部分で『◯◯さんは本当に仕事ができるな!この人みたいになりたい!』と思える人が一人もいなかったんです。


『黙々とルール通りに仕事をし、リスクを避けてチャレンジをしない』


という働き方が評価される銀行の文化に染まってしまった上司を僕はどうしても尊敬することができませんでした。

銀行員の転職理由7:家族と過ごす時間を増やしたかった

出世をすればするほど、以下の理由で家族と時間が過ごせない上司の姿をいつも見ていました。

  • 転勤で子供の成長を見れない、月に1度しか家族と時間を過ごせない。
  • 朝早く出社し、夜は遅く帰り、土日も出社してるから、家族と会えない。
  • 休日は、資格の勉強や、ボランティア活動、上司との飲み会に強制参加のため、家族とご飯も食べれない
出世をすればするほど、家族とはどんどん時間が過ごせなくなる。『何のために働くのか?出世してまで得たいものは何か?』を真剣に考えました。
 

そして、僕は『出世をして年収1000万以上を稼ぎ、家族とは会えない人生』よりも、『年収500万を稼ぎ、家族とゆっくりした時間を過ごす人生』を送りたいと思い、転職を決意しました。

銀行員の転職理由8:『自分に合う仕事』を選べる時代になった

『あなたが望む生き方』に合わせて『仕事』を選べるくらい、世の中にはたくさんの仕事があります。


『平成26年度サンセスー基礎調査』によると、大企業の数は1万社、中小企業は380万社あります。会社の中でさらに細分化された仕事、職種があります。


そして、たくさんある仕事の中から『あなたが望む生き方』に合わせて最適な仕事を選べるくらい転職サイトや転職エージェントも充実しています。


もう一度落ち着いて『今後、自分はどのような人生にしたいのか?』を考えてみてください。


下記を参考にするとヒントが見つかるかもしれません。

やりたいことが見つからない20代30代40代がやるべきこと1つ!

銀行員の転職理由9:20代、独身、男、だから

『20代、独身、男』は十分な転職理由になりますよね!笑


家族がいる人に比べたら圧倒的にリスクは少ないのに、『挑戦しない、行動しない、でも言い訳はする』というのは非常にもったいないです。

  • 自分のやりたいことがわからない!
  • 行きたい業界、職種がわからない!
  • 行きたい業界、職種に就職できないかもしれない!

色々とわからないことだらけですけど、やらない理由を探している人には『とにかくやってみましょうよ!』と言いたいです。


「とりあえずやってみて、違ったら方向修正すればいい。」
そう思うんです。そのチャレンジができるのは「20代、男、独身」今この瞬間なんじゃないかと。

銀行員の転職理由10:本当に挑戦できる期間は限られているから

みなさんが本当に様々なことに挑戦できる期間は非常に限られています。


20代後半には結婚をし、30代には子供もでき、
40代には子供の学費を払い、子供が成人するのを待っていたらあっという間に50代になり、65歳まで働きます。


でも、65歳で何か挑戦しようとしても20代の頃のように挑戦もできません。
だからこそ、『今この瞬間』に本当にやりたいことに時間を割くべきです。


今あなたが本当にやりたいことは『銀行員でいつづけること』でしょうか?

まとめ:銀行員から転職した10個の理由

銀行員から転職した理由10個
  • 転職理由1:ストレスな毎日から解放されたかった
  • 転職理由2:過酷なノルマから解放されたかった
  • 転職理由3:仕事後は”自分のため”に時間を費やしたかった
  • 転職理由4:『直感で銀行員には向いてない』と感じたから
  • 転職理由5:無断なことに時間を費やしたくなかった
  • 転職理由6:尊敬できる上司がいなかった
  • 転職理由7:家族と過ごす時間を増やしたかった
  • 転職理由8:『自分に合う仕事』を選べる時代になった
  • 転職理由9:20代、独身、男、だから
  • 転職理由10:本当に挑戦できる期間は限られているから


僕と同じように『銀行員を辞めたい!他の業界、職種に転職したい!』と思っている方がいたら下記を参考にしてください。


銀行員からWebマーケティング会社に転職した僕が『銀行員が転職を成功させるポイント・銀行員の具体的な転職先・転職サイト』について解説します!

20代銀行員で転職に成功した僕が教える!失敗しない転職先!

銀行員から転職したい理由はあるけど『まだいいや』という方へ!

『辞めたいけど、何かしらの理由があってもう少し働き続けたい!』と思っている方へ!


もし、『いつでも辞めたい時に辞めれるように準備はしたい!』と思ってるなら、副業で稼ぐのもオススメです。


実は副業がバレない仕事はたくさんあります。バレない副業について知りたい方は下記で解説しますね。

銀行員が副業すべき理由3つ!銀行員でもバレない副業6つ紹介!