銀行員の方へ!不必要な資格にまだ時間を割くつもりですか?

銀行員

トミー
こんにちは。元銀行員ブロガーのトミーです→トミーのプロフィールはこちら

  • 銀行員の資格に費やす時間が無駄なのはなぜ?
  • 必要のなくなる資格よりも、やるべきことはなに?
  • 銀行員としての今後のキャリアに悩んでる

と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

この記事を読むことで、不必要な資格取得に時間を割くことよりも大切なことを見つけ、それに時間を費やすことができます。


実際に、僕は今後の人生で大切なことを見つめ直し、三井住友信託銀行を退職し、webマーケティング業界に転職しました。そして、時間や場所に縛られずに稼ぐスキルを身につけ、収入を得ています。


『銀行の資格に時間を割く必要がない理由』を解説し、記事後半では『銀行員は、今後なにに時間を投資すべきか』を解説します。5分ほどで読めます。



銀行員へ!必要のない資格を取る意味はない!

そもそも資格を取る目的が崩壊しつつあるため、資格を取ることに時間を費やすのは『無駄』だと考えています。不必要です。


銀行員として資格を取る理由は大きく分けて2つあると思います。

  1. キャリアアップするため
  2. 出世をするため

しかし、銀行は崩壊し始め、出世やキャリア形成すら厳しくなっており、資格を取ることの必要性が失われ始めています。


上記の話を踏まえつつ、以下では資格を取る意味がない理由を3つ紹介します。

銀行員の資格が不必要な理由1:銀行は崩壊する

たしかに銀行員として着実にキャリアアップするためには、資格は絶対に必要です。

しかし、そもそもキャリアを形成する前に『銀行が崩壊する可能性』が十分に出てきました。以下3つの観点で銀行は崩壊すると考えています。

  1. 全世界の銀行の92%は10年以内に消えると発表された(※1)
  2. AIによる個人への融資、個人への資産運用がスタート(※2)
  3. 銀行員の転職登録者数の急激な増加(※3

出所:リクルートエージェント、リクルートキャリア

上の画像は『金融業界に勤めている人の転職登録者数を表したグラフ』です。


2008年度下期の転職登録者数を『1倍』とすると、2017年度上期には『銀行・信託銀行・政府系金融機関』の登録者数が5.82倍になっています。


『信金・信組』
は約10倍になっています。

そのため、遅かれ早かれ崩壊する銀行で、出世やキャリア形成のために、資格を取ることに時間を費やす必要はないと考えています。


過激な表現ですいません。しかし、事実かと思っています。


上記3つの考えに関してはこちらの記事に詳しい内容があります。→銀行員が副業すべき理由3つ!

※1:ハーバードビジネスレビューより
※2:融資と資産運用は銀行の収益柱です。しかし、少しずつAIに奪われている。
※3:10年間で銀行員の転職登録者数は5.82倍に増加。

銀行員の資格が不必要な理由2:出世できない

35歳あたりから、年収1000万の役職(課長)に昇格するケースが数年前まで多かったですが、今は年収1000万の役職にすら昇格できなくなっています。


なぜなら、AIやフィンテックの登場によって銀行員の仕事(融資、資産運用、窓口受付、事務手続きなど)は代行され、銀行員にコストをかける必要がなくなったからです。


実際にメガバンクでは3万人以上の大規模リストラに加え、減給や、昇格する人数を少なくすることでコスト削減をしています。

銀行員の資格が不必要な理由3:役に立たないから

取るべき資格は10〜15個ほどありますが、仕事に一切役立ちません。にも関わらず、資格取得に300時間を勉強として費やすわけです。


キャリアを積む前に銀行は崩壊する可能性がありますし、出世だってできないのが現状です。


本当に300時間も費やして全ての資格を取る価値はあるのでしょうか?300時間あれば、プログラミングやライティングなどの専門的なスキルを1つ身につけられます。

※資格一覧はこちらの記事を参考にしてください。→銀行員が入行後に取る資格一覧

銀行員へ!不必要な資格を取り、やりたいことは?

考えるべきは「資格を取った先に、銀行員としてなにを成し遂げたいのか?」です。

  • なんのために資格を取るのか?
  • 出世のために資格を取るなら、なんのために出世をするのか?
  • キャリア形成のために資格を取るなら、なんのためにキャリア形成をするのか?

その行き着く答えがお金を稼ぐため』『理想の生活、人生を送るため』なら、銀行員では実現できません。

銀行員では夢を叶えられない

『お金を稼ぐため』『理想の生活、人生を送るため』ならまず無理そうです。

実際に、銀行員は30歳で年収1000万ですが、必要経費も考えると年収800万くらい。しかも、控えめにいってかなり激務。

転勤は2〜3年で、家族とはほとんどあえないし、休日はボランティア活動や資格勉強などで、時間と場所に永遠に縛られて生きていくことになります。

もし、上記2つの理由で入社した場合、改めて銀行員としてどのような人生にしたいのか考えるべきです。

※年収に関しての根拠はこちらの記事を参考にしてください→銀行員(メガバンク)の年収1000万はオワコン!論理的に解説する

やりたいことの見つけ方

大それた夢を見つける必要はないですが、「どんな生活を送りたいか?」はイメージした方がいいです。それによって、選ぶ業種、職種が変わるからです。


「週3勤務で年収500万稼ぐ生活」「時間や場所に縛られない生活」「趣味に時間を避ける生活」など様々です。


理想の生活の見つけ方は簡単ですよ。詳しい内容はこちらの記事を参考にしてください→「やりたいこと」が見つからない人がやるべき、たった1つのこと!

理想の生活:週3勤務で年収500万

僕が実現したい生活は『週3勤務で年収500万を稼ぎ、時間や場所に縛られず生活すること』ですね。


もし、あなたに夢がないなら、『時間や場所に縛られずに、週3で年収500万を稼ぐこと』を目標に掲げてもいいと思いますよ。


時間や場所に縛られずに、週3勤務で年収500万を稼げれば、田舎への移住、海外生活など、あらゆる夢が今後出てきても叶うと思うので。

銀行員の資格は不必要!週3勤務で年収500万の人生もあるよ!

『週3勤務で年収500万稼ぎつつ、時間や場所に縛られない生き方』をしたいならIT業界に身を置くべきです。理由は2つあります。

  1. 作業した分だけ、自分の知識やスキルが資産となる仕事だから
  2. パソコン1台で稼げるから=時間や場所に縛られずに稼げるから

実際に世界一周している人やノマドワーカの人はパソコン1台で稼いでいます。そのような人は以下のスキルを身につけています。

  • ライティングスキル
  • プログラミング
  • デザイン力
  • マーケティング力

本業以外で上記のスキルを身につける方法は以下2種類です。以下で解説します。

  1. 副業
  2. 転職

※IT業界の将来についてはこちらの記事を参考にしてください→作成中

銀行員こそ副業する必要あり!

  • 仕事は辞めたくないけど、将来性は不安だな。
  • 銀行員でもバレない副業はあるの?バレない方法は?
  • 自分の仕事の選択肢を広げたいけど、どうすればいい?

と考えている方の悩みを解決できる記事を下記に用意しました。


3〜6ヶ月ほど勉強しつつ副業してアウトプットすれば誰でも1つのスキルは身につけられますので、まずは下記の記事を参考にどうぞ。

銀行員が副業すべき理由3つ!銀行員でもバレない副業を紹介!

銀行員でもIT業界に転職できる!

  • 銀行員の将来が不安だけど、転職も不安だ
  • 銀行員の具体的な転職先はどこ?
  • 未経験の業界や職種にも転職できるのかな?

と考えている方の悩みを解決できる記事を下記に用意しました。


実際に、銀行員からwebマーケティング業界(IT業界)に転職した僕が『銀行員の転職が成功するコツ・具体的な転職先』などについてまとめました。


IT業界は未経験でも積極的に採用しているので、実は銀行員でも簡単に行けますよ!

銀行員から転職に成功した僕が教える!20代銀行員の具体的な転職先

まとめ:銀行員へ!不必要な資格に時間をかけるな!

資格を取った先に実現しようとしていた『出世、キャリア形成』『お金を稼ぎたい』『理想の生活を送りたい』はかなり絶望的です。


それであれば、資格取得に費やす数百時間という時間を『作業した分だけ、自分の知識やスキルが資産となる仕事』に費やしたほうがいいです。


作業した分だけ、自分の知識やスキルが資産となる仕事』は以下のような仕事です。

  • エンジニア(プログラミングスキル
  • ブロガー (ライティングスキル
  • デザイナー(デザイン力
  • webマーケター(マーケティングスキル

『初心者には無理でしょ』と思って諦める方が多いですが、実はそうでもないです。未経験の方も積極的にIT業界は採用をしているくらいです。つまり、誰でも身につけられるわけです。


『ここで、自分には向いてない』と思い諦めるか、『もしかしたら自分にもできるかも。調べてみよう』と思って調べるか。で今後の人生が変わります。


本業以外で上記のスキルを身につける方法は以下2種類です。

  1. 副業
  2. 転職

 

  • 副業したい方へ

おすすめの副業は多いけど、サラリーマンの選択肢は1つだけ!

 

  • 転職したい方へ

銀行員から転職に成功した僕が教える!20代銀行員の具体的な転職先

スポンサードリンク
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です