銀行員を辞めたい銀行員へ!僕は三井住友信託銀行を辞めました。

銀行員
トミー
こんにちは。元銀行員ブロガーのトミーです→トミーのプロフィールはこちら


突然ですが、2018年9月末を以って
「三井住友信託銀行」を退職しました。


「銀行員を辞めたい!」
と考えている方へ。この記事では「僕が銀行員を辞める決断をする”前に”聞きたかった話」をします。


辞めたい方へお伝えしたいメッセージは
たった3つです。

  1. 36500
  2. ストレス
  3. 生き方
 

この3つのメッセージ」にもっと早く出会っていれば、もっと早く辞めてました。『辞めたい』と思っている方は是非読んでください。


それでは「銀行員を辞めたい理由→3つのメッセージ」の順番に記事を書いていきます。



『銀行員を辞めたい理由』をお話しする前に

誤解がないようにちゃんとお伝えしたいのですが、僕は「三井住友信託銀行」が今でも大好きです!


”人”には本当に恵まれました。上司、同期、先輩、後輩が大好きです。他のどの銀行よりも『銀行業務の範囲内』であれば、好きなことをやらせてくれたと思います。


でも、その一方で『銀行の業務、文化、ルール、考え方』が僕には合っていませんでした。


ここから僕がお話しする「銀行」に関する全ての考えは「仕事の奥深さも、業務の幅広さも、まだ何も知らない若造」の個人的な考えに偏ったものです。


もし、途中で気分を害される方がいましたら、ページを閉じてください。その代わり、僕の本音をこの記事では綴らせていただきます。

銀行員を辞めたい理由は、銀行員に向いてなかったから

銀行員を辞めたい理由。


“自分が銀行員に向いていなかった。だから辞めた”


『銀行』に問題があるわけではなく、
『僕』が『銀行』に合っていなかった。ただそれだけです。

“銀行員に向いていなかった”毎日

『僕は銀行員に向いてない』と強く感じた場面が2つありました。

  1. 上司の顔色を常に伺う毎日
  2. 『仕事のために仕事』をこなす毎日

1:上司の顔色を常に伺う毎日

銀行は非常に上司の顔色を伺いながら仕事をしなければいけない業界です。


毎日、上司の顔色を伺い、必要のない資料作成、膨大な事務作業に1日を費やし、無意味な勉強会に参加する。


そして、社内で繰り広げられる激しい出世争い。飲み会では必ず上司の横に座り、常に顔色を伺い、寮に帰宅して
、出世のために資格の勉強をする。


そういう毎日をひたすら繰り返し、『誰かの役に立つために仕事をする』のではなく『上司の出世の役に立つため、自分の出世のために仕事をする』感覚に陥りました。

2:『仕事のために仕事』をこなす毎日

また、銀行は非常に事務手続きの量が膨大です。『事務手続きを円滑にするために、事務をする』みたいな場面が非常に多かったです。


大企業での事務作業が無駄だと言っているわけではないです。膨大な事務作業の1つ1つに意味を見出せなかった自分が未熟だっただけかもしれません。


でも、こういう毎日をひたすら繰り返し、ふと『あ、僕は銀行員に向いてない。もっと自分に合う会社で働きたい』と思いました。


『この直感に従おう』と決意して、翌月には銀行員を辞めました。

「自分に合う会社で働く」って最高だ!

僕は自分に合う会社で働いています。朝ゆっくり起きて、満員電車を避けて、好きなタイミングで好きな場所でランチをしています。


些細な日常かもしれないけど、「自分の人生を自分で決めることができる範囲が広がったこと」が本当に幸せでたまらないです。


だから、「銀行員を辞めたい」と思っているあなたの背中を少しでも押すために「僕が銀行員を辞める決断をする”前に”聞きたかった3つのメッセージ」をお伝えします。

銀行員を辞めたい銀行員へ贈る!3つのメッセージ!

辞めたい方へお伝えしたいメッセージはたった3つです。

  1. 36500
  2. ストレス
  3. 生き方

1:銀行員を辞めたい方へ!人生は”36500日”しかない!

『人生はたった”36500日”しかない』という事実を知った時、衝撃を受けました。


20代、30代のみなさん。僕たちの世代は平均寿命100年の人生100年時代に突入するといわれています。つまり『あなたの人生は36500日』与えられています。


でも、もしあなたが25歳なら9125日は消費しています。つまり『人生の4分の1』が終わり、残りは27000日しかないです。

でも、本当にやりたいことができる時期はもっと少ない!

でも、残り27000日の中で『やりたいことができる時期』は本当に限られています。


30代では多くの人が結婚し、子供もできる。子どもが成人するのを待っていたらあっという間に50代。もう20代の頃のように体は元気じゃない。


入念な準備や練習をしている暇なんてありません。とりあえずやってみて、違ったらまた方向修正すればいいんです。


残りの27000日は“完璧”を求める人生ではなく、直感に従った人生にしましょう。

②銀行員を辞めたい方へ!”ストレス”な毎日から解放されますよ!

銀行員時代にストレスを受けなかった日は1日もありませんでした。


ノルマに対して上司から詰められる毎日、異動時期の飲み会ラッシュ、出世争い、ドロドロの人間関係、無駄な事務手続きや勉強会など。


でも、銀行員を辞めて
『一切のストレスから解放されただけ』でも十分に幸せを感じることが今はできています。


『ストレスがない毎日を送れる』
たったこれだけでも十分に幸せを感じれるようになりました。

銀行員を辞めたい方へ!辞めてよかったこと100個を教えます!

僕の周りには銀行員を辞めて転職した人がたくさんいます。しかし『辞めて後悔している人』は一人もいません。


『過酷なノルマ、飲み会ラッシュ、無駄な資格勉強、休日のボランティア活動など』から解放されて本当に幸せです。


実際に過去に『メガバンク、地銀、信金』で働いていた友人に『辞めてよかったこと』を聞き、以下の記事に100個まとめてみました。

③銀行員を辞めたい方へ!どんな”生き方”をしたいかを考えよう!

”どんな仕事をしたいか”よりも”どんな生き方をしたいかを先に考えるべきです。理由は3つです。

1:『自分が望む生き方』を優先しなかった人は死ぬ前に後悔している

みなさんは「死ぬ瞬間の5つの後悔」という本をご存知ですか?人が亡くなる直前に最も後悔すること5つを1冊の本にまとめたものです。


人が死ぬ間際に最も後悔すること「自分が望む生き方をすればよかった」ということみたいです。


この事実だけでも十分
『あなたが望む生き方をする理由』にあたると考えています。

2:『自分が望む生き方』に合わせて『仕事』を選べる時代になった

『あなたが望む生き方』に合わせて『仕事』を選べるくらい、世の中にはたくさんの仕事があります。


そして、たくさんある仕事の中から『あなたが望む生き方』に合わせて最適な仕事を選べるくらい転職サイトや転職エージェントも充実しています。

3:『自分が望む生き方』を優先しても”なんとか”生きていける時代になった

インターネットの普及によって誰もが簡単にお金を稼げる時代になりましたし、クラウドファンディングのように不特定多数の人が”誰か”をサポートする文化もできました。


その結果、『自分が望む生き方』を優先しても”なんとか”死なずに行きていける時代になったんです。


だからこそ、僕たちは”どんな仕事をしたいか”よりも”どんな生き方をしたいか”を先に考えるべきです。

銀行員を辞めたいけど、辞めれない気持ちもわかる

辞めたい。だけど、、、

  • 何かしらの理由があって一歩を踏み出せない
  • 行きたい業界や会社がない、
  • 行きたい業界のスキル、知識がない
  • 年収が意外にいい、辞めたら逃げたと思われる、上司から説得されている

全部わかります。僕も同じ理由で辞めたいけど、辞めることがなかなかできなかったので。

僕は世間体を気にしすぎてしまった

本当に情けない話ですが、僕は銀行員を辞める前は非常に世間体を気にしていました。


『周りからなんて思われるのかな。逃げたと思われるのかな。』
と毎日考えていました。


そして、実際に辞めたことで以下のような批判がありました。

  • 1年半しか働いていないのに、辞めたなんて情けない。
  • 苦労に耐えられないゆとり世代。逃げただけ。
  • 出世競争から落ちた脱落組だ。
  • こいつはどこでも働いていけない。社会不適合者だ
 

さすがに辛かったです。『僕は自分の人生を好きに生きたいだけなのに、、、』って思いました。

本当に大切なことは、後悔のないように生きること

でも本当に大切なのは『自分の直感に従い、後悔のないように生きること』です。


他の人からどう言われようと、当たり前の毎日を自分が後悔のないように生きていければ、僕はそれだけで幸せです。


あなたはどんな人生を送りたいですか?


『あ、こんな人生を送りたい』『このまま銀行員で過ごす人生は嫌だ』と今ふと直感で思ったのなら、それに従うべきです。

まとめ:銀行員を辞めたい銀行員へ

最後にもう一度主張したいのは『辞めたいと思っているなら、直感に従って辞めればいいじゃん。』ってことです。


銀行員を辞めたいのに、無意識に辞めない理由を探して、自分の気持ちを押し殺して働いている人が僕の周りには非常に多い気がします。


僕は『銀行員』に向いていなかった。だからすぐに『自分に合う会社を選び転職した』ただそれだけの話です。


本当にありきたりな言葉ですが『一度っきりの人生』です。どうかこの記事が少しでも『辞めたい』と思っている方の背中を押すお手伝いができたなら嬉しいです。

『もう少し背中を押してほしい!』という方は『銀行員の転職理由10個を転職したいあなたへ贈る!』の記事を参考にしてください。

銀行員を辞めたい!他の業界に行きたい方へ!

もし僕と同じように『銀行員を辞めたい!他の業界、職種に転職したい!』と思っているなら、『銀行員から転職に成功した僕が教える!20代銀行員の具体的な転職先』の記事を参考にしてください。


Webマーケティング業界に転職した僕が『銀行員が転職を成功させるポイント・具体的な転職先・転職サイト』について解説します!

銀行員を辞めたいけど『今はまだいいや』という方へ!

『辞めたいけど、何かしらの理由があってもう少し働き続けたい!』と思っている方へ!


もし、『いつでも辞めたい時に辞めれるように準備はしたい!』と思ってるなら、副業で稼ぐのもオススメです。


実は副業がバレない仕事はたくさんあります。副業がバレない方法についても『銀行員が副業すべき理由3つ!銀行員でもバレない副業を紹介!』の記事で解説しますね。

スポンサードリンク
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です