ストレスに強い銀行員が教える!異動後のストレス発散法5つ!

銀行員
トミー
こんにちは。元銀行員ブロガーのトミーです→トミーのプロフィールはこちら

 

  • これからの異動が不安だ。
  • 最近異動して、ストレスがすごい。
  • 異動後のストレス発散法はなんだろう?

のような疑問を抱えている方の悩みを解決できる記事になっています。銀行員以外の方もぜひ読んでください。


実際に僕は銀行員時代にわずか2年で3度の異動を経験し、度重なる異動にかなりストレスを抱えていました。


しかし、これからご紹介するストレス発散法によってだいぶ気持ちも楽になったので、ぜひ実践してください。銀行員の方は必見です!



銀行員の異動後はどんなことでストレスかかるの?


銀行員には異動がつきものですよね。異動をすると以下のことでストレスがかかります。
  • またゼロから人間関係を作ったり
  • 業務内容が変わったり
  • 勤務場所や通勤時間が変わったり
  • 上司に期待されているのでは?と過度に思ったり

「ちょっとした書類の場所は分からない。でも、周りに聞ける人はいない」

「業務内容が変わったのに、上司からは過大評価されてる」

などなどで僕も当時は頭がハゲるまで悩みました!ここから、ストレス発散法5つをご紹介しますよ!

銀行員のストレス発散法1:理想に目を向けず「下」に目を向ける!

どうしても辛くなったら「理想」ばかりに目を向けるのではなく、「下」に目を向け、現状に感謝すること。

そうすることで、非常にストレスが軽減されます。言い方が悪くなってしまい不愉快に感じる人がいたら、お許しください。


ここでいう“下”というのは、「人間が生きていく上で守られるべき生活や環境を手に入れていない人」のことです。

あなたの”現状”は誰かの”理想”なんです!

  • 世の中には戦争に巻き込まれている人
  • ろくに水も飲めない人
  • 仕事が欲しくても仕事ができない人
  • 学校に行きたくてもいけない人

がたくさんいるわけです。そんな中であなたはどうですか?


戦争に巻き込まれず、毎日水も飲めて、仕事にもありつけ、学校にも通えてる!
こんなに幸せなことってないですよ。


仕事を与えられ、ストレスがかかっていることすら幸せなんですよ。
世の中には「仕事を与えて欲しい!」と願っている人はたくさんいますよ!

“現状”に感謝できるようになると、当たり前の日常にも感謝できる!

確かに理想を追い求めることは成長する上で大切です。しかし、今自分が置かれている現状にも幸せを感じてください。

 
“現状”に感謝できるようになると、異動後のストレスも軽減され、日常の幸せを実感できるようになります!!!

銀行員のストレス発散法2:異動を”成長できる機会”と捉える !

異動による環境の変化は、あなたにとって大きく成長するチャンスです。これは間違いありません。


異動して全く新しい人間関係の中に飛び込み、右も左も分からない状況で新しい業務に取り組む。
しかし、異動した部署でも成績を残せた時には、異動前よりも大きく成長できたな〜って。

異動を通じて成長したことで、、、

  • 業務や物事への考えの幅が広がった
  • 異動、昇進、転職などといった立場・環境の変化に強くなった
  • どこでもやっていけるという根拠のある自信がついた
  • 環境の変化で悩みストレスを感じている人の気持ちが分かるようになった

異動は辛いですし、ストレスもかかりますが、その分、人として成長させてくれる機会や場所を提供してくれます!

銀行員のストレス発散法3:異動後には過去の栄光は手放そう!


過去の栄光にしがみついているほど”人を成長させない”ものはないからです。


「自分は結果を残したんだ!」と変なプライドを持つと、
古い考えに固執し、素直さがなくなります。


素直さがなくなると、人からのアドバイスを吸収することができず、成長することができなくなります。
また、素直でないと、対人関係にも影響が出てきます。

 

そのため新しい部署に配属されたら、一度過去の実績は忘れて、新入社員の気持ちで素直になったほうが、異動後のストレスがかからないですよ。

ストレス発散法4:「異動は誰しもが通る道」と気楽に捉える!

異動後にストレスを抱える人は多いです。特に銀行員の方は非常にストレスを受けるはず。


でも、異動後に先輩に
みんな同じだよ!変にストレス溜めずに、誰しもが通る道って思えばいいよというアドバイスをもらってからストレスにならなくなってきました。


あなたが新しく異動する部署の方々や上司の方も、自分自身が異動をした際に感じたストレスを知っています。


あなたが少しミスをしたりしてもなんとも思わないです。まずは肩の力を抜いてください。

銀行員のストレス発散法5:異動後、頼れる同期や先輩を見つける!

異動後で一番悩むのって「頼れる人がいない」点ですよね!笑


業務や人間関係や書類の置いてある場所など、全てが変わるわけです。
分からないことだらけになります。その時に頼れる人がいないとかなりストレス溜まりますよね。


ストレスを溜めないためにも、頼れる同僚や頼れる先輩を見つけてください!

自分から積極的に自己紹介しよう! 

そのためには、自分から積極的に自己紹介をしたり、コミュニケーションを取りに行ってください!


異動後は、頼りやすい同僚や先輩を見つけつつ、相手からも話しやすい雰囲気作りを行いましょう!
相手も異動してきたあなたのことを知らないと話しかけづらいですからね。
 

ぼくは、自己紹介をする際に、、、

○○から異動してきました!トミーと申します!○○大学で、サークルや趣味などは○○です!異動後で色々わからないことが多いので、色々お聞きしてしまうと思いますがよろしくお願いします。


なんて、広く浅く伝えると、相手もあなたの共通点を見つけやすいし、話しやすくなり、ストレスも軽減されます。

まとめ:銀行員の異動後のストレス発散法は5つ

  1. 辛いなら「理想」に目を向けるのではなく、「下」に目を向けよう
  2. ”大きく成長できるいい機会”と前向きに捉えよう
  3. 過去の栄光を手放そう
  4. 誰しもが通る道と気楽に捉える
  5. 頼れる同期や先輩を見つけよう

ただ、上記の方法では解消できないほどのストレスを受けることの方が多いと思います。実際に僕も、銀行員時代はストレスを感じない日は一度もなかったほどです。

『このストレスを受ける日々から抜け出したい!』と決めて、僕は銀行員を辞めて転職しました。


もし、僕と同じように『銀行員を辞めたい!』と思っている方がいたら下記の記事を参考にしてください。


銀行員からWebマーケティング会社に転職した僕が『銀行員が転職を成功させるポイント・銀行員の具体的な転職先・転職サイト』について解説します!

銀行員から転職に成功した僕が教える!20代銀行員の具体的な転職先

銀行員を辞めたいけど『まだいいや』という方へ!

『ストレスたまるし、辞めたいけど何かしらの理由があってもう少し働きたい!』と思っている方へ!


もし、『いつでも辞めたい時に辞めれるように準備はしたい!』と思ってるなら、副業で稼ぐのもオススメです。

僕は銀行員時代に副業で稼いでいたおかげで、働きながら過酷な転職活動をすることを避けることができました。


実は副業がバレない仕事はたくさんありますし、銀行員で副業をしている人はたくさんいますので下記で解説しますね。

銀行員が副業すべき理由3つ!銀行員でもバレない副業を紹介!

スポンサードリンク
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です