日本一周したい人必見!旅立つ前に必要な計画、準備を全て教えます!

こんにちは!
この記事を読んでくれた人は、少しは「日本一周してみたいな〜」と興味を持っている一方で、「何から準備したらわからない、、、」という不安もあると思います。恐らく、今は様々なサイトを訪れ、情報収集を行なっている段階ですよね。
 
ただ、どのような目的を持ち、どのような手段を選ぶかで「収集しなければならない情報」は異なります。
 
私もみなさんと同じで「何から手をつければいいのかわからない状態」でした。
そのため今回は、3ヶ月間ヒッチハイクで日本一周した僕が「日本一周する前に、どのような手順で計画し、何が必要で、どのくらいの資金がかかったか、日本一周をしてみて後悔していること」など全てをこの記事にまとめました!
 
以下の目次の順番で準備した方がいいです!理由は、各項目に順番に書きます!

日本一周の目的(自分だけのテーマ)を決める!

まずは、日本一周の目的を決めましょう!
 
日本一周する際には、
  • 明確な目的を定める人
  • あえて目的を定めずに旅をする人
  • 目的は決まらないけど、とりあえず日本一周してみようって人
の大体3種類がいます。
 
僕は、明確な目的(自分だけのテーマ)を定めて旅をしました。
せっかく日本一周するなら、以下の理由で目的はしっかり定めてから旅をしたほうがいいです!
  • 目的が定まらないと、手段が定まらず、まとまりのない旅になる
 例えば、僕は「幸せとは何か?人はどのようなことで幸せを感じるのか?」をテーマ(目的)に旅をしていました!
そのため、「人はどのようなことで幸せを感じるのか?」の答えを出すためには、「日本中にいるあらゆる人の考え」を知りたいと思いました。
 
だから、手段として「ヒッチハイク」を選びましたし、宿泊するときはなるべくヒッチハイクで出会った人やその友人の方の家に泊めさせていただいたりしました!
 
もちろん、あえて目的を定めずに、「あらゆることをありのままの状態で感じ取りたい」というのも1つの手段だと思います!!!
ただ、目的を定めると、手段が定まり、まとまりがある旅になり、より記憶にも残りやすいと思うので、僕はオススメします!

日本一周の定義を決める!

自分なりの日本一周の定義を定めた方がいいです!!!
その方が、日本一周が終わった際に「日本一周したぞ!!!!!!」という達成感があります。笑
 
例えば僕は以下のような定義を定めていました。
 
47都道府県に行く
その際は、地元の人にオススメしてもらった特産品を食べたり、オススメしてもらった場所に必ず行く。
 
 僕が日本一周していた時に、同じように日本一周している人にたくさん会いました。
みな、それぞれの定義で日本一周していました!
  • 47都道府県制覇
  • 最北東南西端制覇
  • 日本にある世界遺産巡り
  • 日本にある全ての道の駅巡り
  • 47都道府県で47個の絶景を納める
  • 日本中にある47都道府県のラーメンを食べる
  • 47都道府県にいる美女と2ショットを撮る!笑

などなど、たくさんありました。笑

自分なりの定義を決めて日本一周するとより面白い旅になると思います。笑 

日本一周の移動手段と期間を決める!

目的を定めたら、次に決めるのは移動手段です。
手段を定めた後に、期間を定めてください。
 
自分に与えられている期間の範囲内で、手段を選択することも大切ですが、目的に沿わない手段を選んでしまう可能性があります。
 
例えば、ある大学生が「2ヶ月間の夏休みの中で、どうやって日本一周を達成できるか?」のように、
期間を定めた後で、手段を決めるとします。
すると、日本一周の移動手段は「徒歩、ヒッチハイク、青春18切符、チャリ、原付、鈍行列車、車、馬に乗る、一輪車に乗る」など様々あるのですが、2ヶ月間という期間を先に定めたことで、「青春18切符、原付、車」という手段に自動的に絞られてしまいます。
 
自分の目的の達成に、もし、移動手段が大きく影響するのであれば、決して妥協しない方がいいです。
繰り返しになりますが、僕は「幸せとは何か?人は何に幸せを感じるのか?」をテーマ(目的)に旅をしていました!
 
「人は何に幸せを感じるのか?」の答えを出すために、「日本中のあらゆる人の考え」を知りたいと思いました。
ヒッチハイクであれば、普段出会えない人と会えるし、数十分や数時間一緒にいるため、様々な会話ができます。
 
だから、手段として「ヒッチハイク」を選びました!
*ちなみに、北海道はレンタカー、中国地方と近畿地方は青春18切符で回りました。

ヒッチハイク編

 
 
オススメの人 価値観を広げたい人
期間 3〜4ヶ月
費用(初期費用除く) 約15万〜20万(野宿の場合)
約45万〜55万(宿泊の場合)
メリット 様々な人の考えを知れる
強靭なメンタルが得られる
営業力が身につく
デメリット 予定通りにいかない
日本一周中の移動手段は、ほとんどがヒッチハイクでした!ヒッチハイクは、やっぱり学生の特権だと思います!
運転手の方も相手が学生だと、警戒感もなく乗せやすいです!
 
以下の記事に、ヒッチハイクのコツとヒッチハイクで得られる能力をまとめています!

青春18切符編

 
オススメの人 考えることが好きな人
期間 1ヶ月〜1ヶ月半
費用(初期費用除く) 約12万〜15万(野宿の場合)
約22万〜25万(宿泊の場合)
メリット

自分と向き合う時間が増える
予定通りに計画を立てられる
様々な景色を楽しめる

デメリット 出発時期に制限がかかる
 青春18切符の場合は、下記のように利用期間に制限があります。
そのため、期間はどうしても1ヶ月〜1ヶ月半に制限されます。
【発売期間・利用期間】JR東海 HP引用
  • (春季用)発売期間:2018年2月20日(火)~2018年3月31日(土)
    利用期間:2018年3月1日(木)~2018年4月10日(火)
  • (夏季用)発売期間:2018年7月1日(日)~2018年8月31日(金)
    利用期間:2018年7月20日(金)~2018年9月10日(月)
  • (冬季用)発売期間:2018年12月1日(土)~2018年12月31日(月)
    利用期間:2018年12月10日(月)~2019年1月10日(木)
 青春18切符を使うと、一人で過ごす時間が増えるため「自分と向き合う時間や考える時間」が増えます!!!
また、列車の中から景色を見る際は「多分次は見ることはないんだろうな〜」と思いながら見るため、1つ1つの景色を味わおうとします。

自家用車編

 
オススメの人 何にも縛られず自由に行動したい人
期間 3ヶ月〜6ヶ月(自由)
費用(初期費用、車購入代金は除く) 約75万〜85万(3ヶ月、車中泊の場合)
メリット

予定通りに計画を立てられる
自分が行きたい場所に行ける
時期に制限がない

デメリット 費用が高い
車中泊が辛い
運転に慣れてない人は危ない
 
北海道では、2週間ほどレンタカーを借りて旅していました!
日本一周の移動手段として車を利用する場合は、「自分の行きたい場所に自由に行け、美しい景色があった場合はすぐに止まれる」のが非常にいい点です!

日本一周のルートを決める!

 
移動手段を決めたら、次はどのようなルートで移動するか決めます!
上記のマップは僕が日本一周前に「どのようなルートでまわろうかな」と考え、用意したものです。
予想通りにいかないことの方が多いので、だいたいのルートでいいと思います!
 
もし、「青森県の紅葉を見たい!」「夏に屋久島に行きたい」「冬に北海道に行きたい」など、
見たい景色が季節などによって左右される場合は、きちんとルートを定めましょう!

日本一周の予算を決める! 

「日本一周の目的(テーマ)→日本一周の定義→移動手段→ルート」を決めたら予算が計算できます!
日本一周をする場合、毎日の食費、宿泊先、事前に準備するもの」の3点で予算が変わります!

僕が日本一周の予算を決める前に考えたこと

  1. 日本一周の期間は?
  2. 日本一周の移動手段は?(徒歩、ヒッチハイク、自家用車、青春18切符)
  3. 毎日の食費は?(自炊 OR コンビニ OR 各都道府県の特産品を食べる など)
  4. 宿泊先は?(野宿 OR ゲストハウス OR 満喫 OR ホテル OR 友達の家 など)
  5. 世界遺産や観光地の入場料は?
  6. 北海道や沖縄や離島への移動費は?
  7. アクティビティを楽しむ費用は?(バンジージャンプ、スカイダイビング、シュノーケルなど)
  8. 一眼レフやGo proやチェキは?(メモリーカードやレンズは?)
以上の内容を考慮して予算を計算してください!
その予算+20万円ほど用意すれば、あらゆるハプニングにも対応できると思います!

 最後に伝えたいこと、、、

日本一周を終えて、一番やっておいてよかったことは「目的をしっかり定めていた」ことです。
旅をしていると、時々「あれ、何のために旅をしていたんだっけ?」となります。笑
これが本当に起きるんですよ。笑
 
時には、あまりにハプニングが連続で発生して、メンタルがやられ、「正直やめたいな〜」と思うこともありました。
それでも、3ヶ月間という期間にわたって旅をできたのは、自分の中で明確な目的があったからです。
 
ぜひ、日本一周に出られる前日に、「目的」を再度思い出してください。
そして、旅をしている時は、「目的」を毎日思い出してください。
日本一周中に気づけることがたくさんあるはずです。