『ブログカレッジ』から『副業コンパス』に変更!『副業コンパス』と検索してください!

日本一周した僕が教える!旅立つ前に見るべきチェックリスト8つ!

クニトミ

元銀行員で、今はwebマーケ会社で30名ほどが関わる投資系メディアの編集長を勤めている、クニトミです。

  • 日本一周って、何から準備すればいいの?
  • どんな情報収集をすればいいの?
  • 日本一周するなら、どんな計画を立てればいい?
  • 日本一周する際の、移動手段、期間などはどう決めればいい?
  • ルートは?予算は?他に必要なことは?

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。


この記事で解説する『日本一周する前に見るべきチェックリスト8つ』を確認すれば、一生に1回の日本一周を充実させて、最高の思い出に変えることができますよ。


なぜなら実際にボクは日本一周する際に、上記の内容を実践して、後悔のない日本一周を送ることができたからです!

6ヶ月間ヒッチハイクで日本一周した僕が『日本一周する前に、どのような手順で計画し、何が必要で、どのくらいの資金がかかったか』など全てをこの記事にまとめたので、じっくり読み込んでくださいね!

日本一周を充実させるチェックリスト8つ!

この記事では、これから日本一周を充実させるために必ず見るべきチェックリスト8つを紹介します。


この記事で紹介する内容を『上から順番に』準備していけば、読み終えた頃には万全の準備を整えることができます!


一生に1回の旅を楽しむために、ぜひ読み込んでください。

日本一周を充実させるチェックリスト8つ
  1. 日本一周の目的・テーマを決める
  2. 日本一周の定義を決める
  3. 日本一周の移動手段・期間を決める
  4. 日本一周のルートを決める
  5. 日本一周の予算・費用を決める
  6. 日本一周の出発日を決める
  7. 日本一周を楽しむ自分ルールを作る
  8. 日本一周を後悔しないために意識すること3つ

チェック1:日本一周の目的・テーマを決める

まずは日本一周の目的・テーマを決めましょう!


なぜなら目的が定まらないと、手段が定まらず、まとまりのない旅になるからです。


ボクは実際に日本一周を終えた方に色々と話を聞く機会が多かったのですが、『目的やテーマを決めればよかった』という後悔の声をよく聞きました。

具体例:クニトミの日本一周の目的

たとえばボクの場合は「幸せとは何か?人はどんなことで幸せを感じるのか?」をテーマ(目的)に旅をしました!


だから「日本中にいる人の考え」を知りたいと思って、移動
手段として「ヒッチハイク」を選びましたし、宿泊するときはなるべくヒッチハイクで出会った人やその友人の方の家に泊めさせていただいたりしました!


もちろん、あえて目的を定めずに「あらゆることを、ありのままの状態で感じ取りたい」というのも1つの手段だと思います。


ただ目的を定めると、手段が定まり、まとまりがある旅になって、より自分の記憶にも残りやすいと思うので、『目的を定めること』をオススメします。

チェック2:日本一周の定義を決める

自分なりの日本一周の定義は必ず決めておきましょう!


これは完全に自己満足なんですけど、日本一周が終わった際に「日本一周したぞ!」という達成感があります。笑


例えば僕は以下のように日本一周の定義を定めていました。

  • 47都道府県に行き、47箇所の絶景スポットに行く
  • 47都道府県の特産品を必ず食べて、人にオススメしてもらった場所に必ず行く
  • 最北東南西端制覇

自分なりのルールを作ると旅をより一層楽しめますよ!

様々な日本一周の定義

 僕が日本一周していた時に、同じように日本一周している人にたくさん会いました。


みな、それぞれの定義で日本一周してたので是非参考にしてみてください。

  • 47都道府県制覇
  • 最北東南西端制覇
  • 日本にある全ての道の駅巡り
  • 日本にある世界遺産を全て巡る
  • 47都道府県のラーメンを食べる
  • 47都道府県で47個の絶景を納める
  • 47都道府県にいる美女と2ショットを撮る!笑

チェック3:日本一周の移動手段と期間を決める

目的を定めたら、次に決めるのは移動手段です!もし可能なら移動手段を定めた後に、期間を定めてください。


なぜなら先に『期限』を定めてしまうと、目的に沿わない手段を選んでしまう可能性があるからです。


例えば、ある大学生が「2ヶ月間の夏休みの中で、どうやって日本一周を達成できるか?」のように、
期間を定めた後で、手段を決めるとします。

具体例:2ヶ月間夏休みのある大学生

  1. 期間:2ヶ月間
  2. 手段:青春18切符、原付、車

すると、日本一周の移動手段は「徒歩、ヒッチハイク、青春18切符、チャリ、原付、鈍行列車、車、馬に乗る、一輪車に乗る」など様々あるのですが、2ヶ月間という期間を先に定めたことで、「青春18切符、原付、車」という手段に自動的に絞られてしまいます。


自分の目的の達成に、もし移動手段が大きく影響するのであれば、決して妥協しない方がいいです。

具体例:クニトミの場合

僕は「人は何に幸せを感じるのか?」の答えを出すために、「日本中のあらゆる人の考え」を知りたいと思いました。


ヒッチハイクであれば、普段出会えない人と会えるし、数十分や数時間一緒にいるため、様々な会話ができます。


だから、手段として「ヒッチハイク」を選びました!
もし時間を多めに取れるなら、是非『移動手段』から決めてみてくださいね。


それでは以下で日本一周の移動手段5つを紹介します!

移動手段1:ヒッチハイク

ヒッチハイクの評価
難易度(高いほど優しい)
(3.0)
融通がきく
(3.5)
旅の充実度
(5.0)
面白さ
(5.0)
コスト削減
(5.0)
総合評価
(4.5)
オススメの人 価値観を広げたい人
期間 3〜5ヶ月
費用(初期費用除く) 約15万〜20万(野宿)
約45万〜55万(宿泊)
メリット 様々な人の考えを知れる
強靭なメンタルが得られる
営業力が身につく
デメリット 予定通りにいかない

日本一周中の移動手段は、ほとんどがヒッチハイクでした!ヒッチハイクは、やっぱり学生の特権だと思います!


運転手の方も相手が学生だと、警戒感もなく乗せやすいです!


以下の記事に、ヒッチハイクのコツとヒッチハイクで得られる能力をまとめているので参考にしてくださいね。

400台以上のヒッチハイクで日本一周した僕が、コツ5つ教えます!

移動手段2:電車・青春18切符

電車・青春18切符の評価
難易度(高いほど優しい)
(5.0)
融通がきく
(4.5)
旅の充実度
(4.0)
面白さ
(3.0)
コスト削減
(3.0)
総合評価
(4.0)
オススメの人 考えることが好きな人
期間 約1ヶ月半
費用(初期費用除く) 約12万〜15万(野宿)
約22万〜25万(宿泊)
メリット 自分と向き合う時間が増える
予定通りに計画を立てられる
様々な景色を楽しめる
デメリット 出発時期に制限がかかる

ボクは日本一周中に青春18切符も活用したのですが、一人で過ごす時間が増えるため『自分と向き合える時間』が増えて非常によかったです! 


また、列車の中から景色を見る際は「多分次は見ることはないんだろうな〜」と思いながら見るため、
1つ1つの景色を味わおうとしますし、心にしっかり残ります。


ただ1点注意が必要で、青春18切符の場合は、下記のように利用期間に制限があります。


そのため、期間はどうしても約1ヶ月半に制限されるので事前に下調べしましょうね!

青春18切符:発売期間

【発売期間・利用期間】JR東海 HP引用

  • (春季用)発売期間:2018年2月20日(火)~2018年3月31日(土)
  • (春季用)利用期間:2018年3月1日(木)~2018年4月10日(火)

  • (夏季用)発売期間:2018年7月1日(日)~2018年8月31日(金)
  • (夏季用)利用期間:2018年7月20日(金)~2018年9月10日(月)

  • (冬季用)発売期間:2018年12月1日(土)~2018年12月31日(月)
  • (冬季用)利用期間:2018年12月10日(月)~2019年1月10日(木)

移動手段3:バイク

バイクの評価
難易度(高いほど優しい)
(3.0)
融通がきく
(4.5)
旅の充実度
(3.0)
面白さ
(4.0)
コスト削減
(1.5)
総合評価
(3.0)
オススメの人 自然を見るのが好きな人
自分のペースで旅したい人
期間 2〜3ヶ月
費用(初期費用除く) 50〜80万
メリット 様々な景色を楽しめる
自分のペースで旅できる
デメリット 他の移動手段に比べてお金がかかる

日本一周している際に、バイクで旅している人達にたくさん出会ったのでバイクで旅する醍醐味を聞きました。


一番いいのは『自分のペースで、旅を進められること』みたいです。


ヒッチハイクや電車だとどうしても予定が定まらなかったり、間に合わないことも多々あります。


しかしバイクであれば、出発時間などを含めてほぼ自分で調整できるので、『自分のペースで旅したい!』という方にオススメです。

移動手段4:車やレンタカー

車の評価
難易度(高いほど優しい)
(3.5)
融通がきく
(4.5)
旅の充実度
(3.0)
面白さ
(2.0)
コスト削減
(1.0)
総合評価
(3.0)
オススメの人 何にも縛られず自由に行動したい人
期間 3ヶ月〜6ヶ月(自由)
費用(初期費用、車購入代金は除く) 約80万〜100万(3ヶ月、車中泊の場合)
メリット 予定通りに計画を立てられる
自分が行きたい場所に行ける
時期に制限がない
デメリット 費用が高い
車中泊が辛い
運転に慣れてない人は危ない

ボクは日本一周している際にレンタカーも借りて旅をしていたのですが、ぶっちゃけかなり費用がかかりました。


ガソリン代、高速代、駐車場代、レンタル代などですね。


また、なによりも車中泊がきつくて、旅中に腰を痛めてしまい旅を楽しめない時期もありました。


もちろん上記のようなメリットもあるのですが、個人的にはあまりオススメしないです。笑

移動手段5:自転車

自転車の評価
難易度(高いほど優しい)
(3.0)
融通がきく
(3.5)
旅の充実度
(4.0)
面白さ
(3.5)
コスト削減
(3.0)
総合評価
(3.5)
オススメの人 人との出会いを楽しみたい人
『旅している感』を味わいたい人
期間 4ヶ月〜6ヶ月
費用(初期費用、車購入代金は除く) 約80万〜120万(野宿)
メリット 人から話しかけられる
デメリット 費用が高い
車中泊が辛い
運転に慣れてない人は危ない

よく自転車で日本一周している人を見かけますが、まさに『旅している感覚』を味わえる移動手段だと思います。


なぜなら『自分でペダルを漕いで前進しているから』ですよね。


車や電車だと座っていれば目的地まで到着しますが、自転車の場合は自分で漕ぎ続けなければいけません。


もちろん体力的にきつい部分はあるでしょうが、日本一周を終えた時の達成感が最もあるのは自転車でしょう。

移動手段6:徒歩

徒歩の評価
難易度(高いほど優しい)
(1.5)
融通がきく
(3.0)
旅の充実度
(5.0)
面白さ
(5.0)
コスト削減
(2.5)
総合評価
(3.5)
オススメの人 旅の出会いに身を委ねたい人
自分のペースで旅したい人
期間 2年〜3年
費用(初期費用、車購入代金は除く) 約150万〜200万(野宿)
メリット 日本の各地を深く知れる
デメリット 時間がかなりかかる
体に負担がかかる

徒歩の最大の魅力は、『移動時間がかかる分だけ、各地域に時間を費やせること』ですね。


車や電車だとどうしても『何気なく通り過ぎる箇所』が非常に多いので、記憶に残るものはどうしても『建物・絶景』などに限られます。


しかし徒歩であれば、歩いている途中にある『道、花、人、景色』をじっくろ眺めることができ、時間をかけた分だけ深く記憶に残っていくんです。


もし時間に余裕がある場合は、徒歩で日本一周することもオススメですよ!

チェック4:日本一周のルートを決める

上記のマップは僕が日本一周前に「どのようなルートでまわろうかな」と考え、用意したものです。


移動手段を決めたら、次はどのようなルートで移動するか決めます!実は『どのようなルートで移動するか?』を決めるのは非常に重要なんです。


なぜなら『移動ルート』によって旅の計画が変わるからです。


たとえば以下のような条件なら、東北方面を先に旅してから九州方面にいくべきですよね。

  • 出発場所:東京
  • 出発時期:冬頃
  • 旅の計画:北海道、東方で冬のイベントを楽しむ

もし「青森県の紅葉を見たい!」「夏には屋久島に行きたい」「冬に北海道に行きたい」など、見たい景色が季節などによって左右される場合は、きちんとルートを定めましょう!

チェック5:日本一周の予算・費用を決める

「日本一周の目的(テーマ)→日本一周の定義→移動手段→ルート」を決めたら予算が計算できます!


日本一周をする場合、毎日の食費、宿泊先、事前に準備するもの」の3点で予算が変わります!

僕が日本一周の予算を決める前に考えたこと

予算を決める前に考えるべきこと
  • 日本一周の期間は?
  • 日本一周の移動手段は?(徒歩、ヒッチハイク、自家用車、青春18切符)
  • 毎日の食費は?(自炊 OR コンビニ OR 各都道府県の特産品を食べる など)
  • 宿泊先は?(野宿 OR ゲストハウス OR 満喫 OR ホテル OR 友達の家 など)
  • 世界遺産や観光地の入場料は?
  • 北海道や沖縄や離島への移動費は?
  • アクティビティを楽しむ費用は?(バンジージャンプ、スカイダイビング、シュノーケルなど)
  • 一眼レフやGo proやチェキは?(メモリーカードやレンズは?)

以上の内容を考慮して予算を計算してください!


その予算+20万円ほど用意すれば、あらゆるハプニングにも対応できると思います!


『日本一周にかかる費用・必要な持ち物などは?』と気になる方は、必ず下記の記事を読むようにしましょう!

全員共通!日本一周した僕が、費用と持ち物チェックリスト53を紹介

チェック6:日本一周の出発日を決める

全てが決まったら旅の出発日を決めましょう!


日本一周する人の多くは、3〜4月中に出発する人が多いですね。


年度末なので、大学が休みだったり、会社を転職したり退職したりする時期ですし、気候も穏やかな時期なので。


回るルート各地の気温に注意

回るルート各地の気温に注意して服装の準備などもしていきましょう!同じ夏でも、沖縄と北海道では持っていく服も違うので。

チェック7:日本一周をさらに楽しむ自分ルールを作ろう!

全て決め終えたら、旅を楽しむ自分ルールを作りましょう!


自分ルールがあると、より一層オリジナリティのある旅ができ、他の誰にも被らない思い出を作ることができますよ。


たとえばボクの場合は、以下のルールを定めて旅をしていました。

旅の自分ルール
  • 旅で出会った人にオススメされた場所に必ず行く
  • 旅で出会った人にオススメされたご飯を必ず食べる
  • 1日に1回は、地元の人に話しかける
  • 47都道府県で、47箇所の絶景ポイントにいく

旅で出会った人にオススメされた場所に行ったり、ご飯を食べたりすることで、『人との出会いで思い出が作られるような旅』をすることができました。


良くも悪くも面白いエピソードがたくさんできるので、オススメですよ!

チェック8:後悔しないために日本一周で意識すること3つ

ボクが日本一周をした際に、『これをしてなかったら、きっと後悔していたな。』と思った3つを紹介します!


この3つを意識するだけで、充実度が高く、忘れられない思い出を作ることができるので、実践してみてください。

後悔しないために意識すること3つ
  1. 自分と向き合う時間を作る
  2. 旅で出会った人との会話を大切に
  3. 出来るだけ日記を書くこと

1:1日を振り返る時間を作る

ぜひ日本一周中は、1日を振り返る時間を作ってみてください。


なぜなら様々な地域を訪れることで、今まで知らなかった価値観、情報に触れることができ、自分の視野を広げられるからです。


旅が終わった後に振り返ろうとしても、なかなか『その時の気持ち、記憶』は思い出せないものです。


旅をしているその瞬間だからこそ『思うこと』があると思うので、ぜひ毎日振り返る時間を作ってみてください。

振り返りチェック

ボクは毎日振り返る時に、以下のような内容を振り返っていました!


自分の新しい気持ちに気付けたりするのでぜひ真似してみてください。

  • 今日、旅をしている時、どこに喜び、悲しみを感じたのか?
  • 今日訪れた地域に住んでみたいか?理由は?
  • 今日訪れた地域のどこが好きか?嫌いか?
  • 地域ごとで『暮らし方』『人との関わり方』『幸福度』などの違いはあるか?

2:地元で出会った人との会話を大切に

地元で出会った人との『会話』を大切にしてください。


なぜなら地元で何年も暮らしている方の『考え・文化・価値観』などを吸収できる貴重な機会だからです。


日本一周は、47都道府県に住む人たちの考えを短期間で聞けて、それぞれの『考え・文化・価値観』などを比較できる限りない期間なんです。


きっと地元で出会った人たちとの『会話』は、あなたの胸にずっと残るし、その会話によって地元のオススメ『ご飯、景色、場所、文化』などを知れることもあるので、ぜひ大切にしてみてください。

3:出来るだけ日記を書くこと

出来るだけ『思い出』に残るように、騙されたと思って日記を書いてみてください。


なぜなら『その時に感じた幸せ』をもう一度味わうことができるからです。


『こんな場所で、こんなご飯を食べたな〜』『旅をしている時、自分はこんなこと思ったな』『こんな景色が最高だった』みないな感情を日記に残すことで、読み返した時にもう一度幸せを実感できますよ。


あなたが日本一周を終えて、日記を振り返ってみた時に『あ〜日記書いておいてよかったな』って絶対に思うはず。

日本一周した際に後悔したこと1つ

最後に、ボクが日本一周中に実践せずに『唯一後悔したこと』を紹介します。それは『ブログ』を書くことです。


なぜなら自分の記憶や思い出を書くことで一生保存することができるし、旅で出会った人たちにブログを見てもらうことだってできるからです。


また日記を紙に書くとかなり時間がかかるので、その点においてもブログに日記を書けばよかったと後悔しています。

旅中にブログを書くべきその他の理由
  • ブログで小遣いを稼ぎながら旅をできる
  • ブログを通じて、色々な人に出会える

特にお小遣いを稼げるのはブログの魅力の1つですよね。


旅をしているとどうしても金銭的に困る場面が多いので、ブログでお小遣いを稼ぐながら旅している人が本当に羨ましかったです。


初期費用も2000円ほどでブログは始められるので、ぜひ日本一周する前にブログ開設して、一生忘れられない思い出を作ってください!


とはいえ『また情報収集してブログ開設するの面倒だな』という人も多いと思うので、必要な手順を全て下記にまとめました。笑

WordPressブログの始め方を初心者に79枚の画像で教える!作り方・開設方法を紹介!

日本一周するならチェックリストはたった8つでOK!

上記で紹介した『日本一周をする前にみるべきチェックリスト8つ』を実践すれば、一生に1度しかない日本一周で最高の思い出を作ることができますよ!


最後にもう一度確認しましょう!

日本一周を充実させるチェックリスト8つ
  1. 日本一周の目的・テーマを決める
  2. 日本一周の定義を決める
  3. 日本一周の移動手段・期間を決める
  4. 日本一周のルートを決める
  5. 日本一周の予算・費用を決める
  6. 日本一周の出発日を決める
  7. 日本一周を楽しむ自分ルールを作る
  8. 日本一周を後悔しないために意識すること3つ

最初は準備するのが大変だと思いますが、上記8つのチェックリストをしっかりこなせば、『あ〜あの時、〜〜〜すればよかった!』という後悔が無くなりますよ。


繰り返しになりますが、もし日本一周するなら日記を書くべきですし、日記を書くならブログに書いてしまうのがオススメですよ!


お小遣いも稼ぐながら旅もできるので、ぜひ旅立つ前にブログ開設してみてください!

WordPressブログの始め方を初心者に79枚の画像で教える!作り方・開設方法を紹介!