次回から『副業コンパス』とご検索くださいませ

休学すべき理由!休学して、長期インターンと日本一周した僕が教えます!

クニトミ

前職は三井住友信託銀行で働き、現在はwebマーケ会社で30名ほどが関わるWebメディアの編集長を勤めている、クニトミです。【掲載メディア】週刊SPA!、Yahoo!ニュース、LINEニュース

Twitterアカウント:フォロワー数は26,000人以上

  • 休学したら、就活に影響しないかな?
  • どんな理由でみんな休学してるのかな?
  • 休学している友達が周りにいない

こんな悩みを解決できる記事になっています。


ボクも当時、休学をするっていう選択をしたのはかなり怖かったです。ですが、大学生活や就活を振り返って思うことは「本当に休学をしてよかった」ってことです。


実際に、長期インターンと日本一周して、悔いのない大学生活を遅れましたし大手企業に就職もできました。(今は転職をしましたが。笑)


この記事では『休学すべき理由5つ』を解説します。

休学が、就活に不利ではない理由

結論、就活に全く不利になりません。


理由は『採用担当者もポジティブなイメージを持っている』からです。下の画像は、採用担当者の留学経験者に対するイメージです。

休学して留学することへの採用担当者の意見

引用:トビタテ!留学JAPAN
https://mext.s3.amazonaws.com/2017/06/20170629.pdf


上の画像では『留学』に絞ったデータになりますが、留学以外の経験でも十分に評価されます。実際に、休学して『長期インターンと日本一周した経験』は就活で大いに役に立ちましたので。

大学生が休学すべき理由5つ!

休学すべき理由1:「何のために仕事をするのか」を冷静に考えられる

大学生時代に1年間休学し、「自分はなんのために仕事をするのか」の理由をしっかり考える。これすごい大事ですよ。


なぜなら、多くの大学生が焦って就活をし、世間体を気にして大手企業に行こうとして、就活で失敗するケースが多いからです。


就活のスケジュールとして、インターンに参加、怒涛の説明会ラッシュ、ES提出、そして考える暇もなく面接をして、内定をもらい、内定をもらった企業の中から行きたい企業を考え、6月1日までに結論を出す。

  • 自分はなんのために仕事をするのか
  • 自分の本当にやりたいことはなんなのか
  • そのやりたいことをできる企業はどこなのか

 

などは、本当に大学4年生の3月から就活をスタートして、説明会を受けて、6月に内定をもらうまでに納得のいく結論を出せるんですかね?

休学で「人よりも1年間多くの時間を得られる」って非常に有利です!

その分、情報収集もでき、企業や自分を落ち着いて分析し、「働くこと」についての理由を真剣に考えることができます。


ぼくは、大学生時代に1年間休学をして、「そもそも、なんのために働くのか?」についてしっかり考え答えを出しました。今も、その考えは変わってないです。


休学をすると、しっかりとした軸も定まり、納得のいく就活が送れますよ。

休学すべき理由2:1年間、自由に過ごせる時間はないから

誰にも何も言われずに自由に1年間自分の好きなことに時間を割けることは、今後の人生においてほとんどないです。


いつかは好きな人と出会い、子供も生まれます。
家庭を持つと、1年間ふらっと海外に行ったり、1年間旅をしたりすることはほとんど無理です。


だから大人って「大学生時代に戻りたいな〜」ってよく言うんです。
もう、一生あんなに自由な時間はないことを大人は知っています。


だからこそ、大学生時代のうちに誰にも何も言われない1年間を全力で過ごすことをオススメします!

休学すべき理由3:自分が本当にやりたいことを素直にできるから

社会人になると「本当にやりたいこと」ができなくなりますたとえ、やりたい理由があっても、、、


平日は仕事をして、仕事後は商品か資格の勉強、休日も勉強するか、資格受験か、先輩の遊びに付き合うかなどで、時間は無くなります。


結婚をして、子供ができれば余計に仕事は辞められない。大人になると、守るべきものも増えて、やりたいことができないです。


だからこそ、やりたいと思うことを全力でやるべき!きっと、他の人にはない一生の思い出ができます!

休学すべき理由4:人とは違う道を歩むことに抵抗がなくなるから

人とは違う道を歩むことに抵抗がなくなることは非常に大切です。なぜなら、人と同じ道ばっかり選んでいても「人としての価値」は上がらないからです。


誰かに必要とされるためには、人と違う道を選ぶ必要があります。いつだって、偉業を成し遂げ、結果を出す人は『人とは違う道』を進みます。


休学をすること
は、人とは違う道を歩むことに抵抗がなくなる第一歩です。就活生や大学生のみなさんは、是非人とは違う経験をすることを選んでください。

休学すべき理由5:休学しても、就活には一切不利にならないから

本当のことなのでもう一度言いますが、就活において不利になりません。


大切なのは「大学生時代にどういう理由で、あなたが休学を選択し、与えられた1年間をどのように過ごすか」です!


実際に、様々な企業の面接を受け、どの企業も必ず以下3点の質問をしてきました。

  1. なぜ休学をしたのか?理由は?
  2. 休学中は何をしたのか?
  3. 何を学び、何を身につけたのか?


採用担当者は『あなたが何をしたのか?』ではなく、そこに至るまでの『理由・過程』を見ています。


明確な目的、理由があれば、自ずと本気で取り組み、結果も出ます。『今後の人生において、休学をしなかったら後悔するのか?』を問いかけてみましょう。

まとめ:休学すべき理由5つを紹介!

  • 理由1:「なんのために仕事をするのか」を冷静に考えられる
  • 理由2:1年間自由に過ごせる時間は、今後の人生においてないから
  • 理由3:本当にやりたいことを素直にできるから
  • 理由4:人とは違う理由を歩むことに抵抗がなくなるから
  • 理由5:就活には不利にならないから

長期的な目線で「後悔しない人生を送ること」を考えれば、自然と大学生のうちに休学してもいいかもなーって思うようになります。


インターンでも、日本一周でも、世界一周でも、正直なんだっていいんですよ。


大学生や就活生のみなさんは、これからさらに80年間を生きるんですよ?
1年間くらい立ち止まって、「自分は今後なぜ働くのか」の理由を考えた方がいいです!


もし、休学に興味を持ったり、もう少し内容を詳しく知りたい!って方がいたらDMくださいね!→ツイッター