『ブログカレッジ』から『副業コンパス』に変更!『副業コンパス』と検索してください!

僕らの稼ぎは残りカス!それでも、僕らは2億円貯金しないといけない。

[voice icon=”http://tabinvest.net/wp-content/uploads/2018/04/IMG_0697.PNG.jpeg” name=”くりりん” type=”l”]こんにちは!銀行員ブロガーのクリリンです![/voice]

銀行員として「日本のお金事情」について考えているボクから、みなさんにどうしてもお伝えしたいことがあります。

それは、日本の残念すぎる未来についてです。

  • 自分の給料から払っている税金がいくらか?
  • なぜマイナンバー制度が導入されたのか?
  • なぜ、これほどまでに税金を払っているのか?

など、これから日本で暮らしていく上で、「日本のお金事情」について真剣に考えたことはあるでしょうか?

この記事では、「日本のお金事情」のことを毎日考えている銀行員の僕が「お金の真実」をお伝えします。

僕らは”税金を納めるため”だけに”半年間”働いている

 

みなさんはご自身の給料からどのくらい税金を払っているかきちんと見たことはありますか?


ぼくは「実際に受け取れる給料」にしか目を向けていなかったため、どのくらい税金を払っているかわかりませんでした。


一般的に、ほとんどの人が「所得税、住民税、社会保険料」という3つの税金を給料から差し引かれています。所得税は年収によって異なりますが、住民税は一律10%社会保険料も一律13%ほどです。

年収に応じて全国民が支払う税金を%で表したグラフ!

課税所得金額(年収) 所得税 住民税 社会保険料 合計
195万以下 5% 10% 13% 28%
195万超〜330万以下 10% 10% 13% 33%
330万超〜695万以下 20% 10% 13% 43%
695万超〜900万以下 23% 10% 13% 46%
900万超〜1800万以下 33% 10% 13% 56%
1800万超〜4000万以下 40% 10% 13% 63%
4000万超 45% 10% 13% 68%

具体例:サラリーマンの年収500万(ボーナス込み)の場合

年収500万は「330万超〜695万以下」に該当します。そのため毎月給料から「所得税20%+住民税10%+社会保険料13%=43%」が差し引かれるわけです。


つまり、年収500万のサラリーマンは4月から8月までの4ヶ月間はひたすら税金を納めるためだけに働き、9月からやっと自分の好きなことにお金を使えるのと同じです。

稼げば稼ぐほど「税金を納めるため」に働くのと同じ!

中には年収4000万を目指して必死に出世を目指したり、転職して稼いでいる人がいます!

でも、年収4000万超の場合は「所得税45%+住民税10%+社会保険料13%=68%」税金として収められます。


4月から12月まで税金を納めるためだけに働くのと同じです。
改めて言いますが、僕らの稼ぎは残りカスです。笑


自分の払っている税金がいくらか?何%差し引かれているか?
について少しはイメージできましたでしょうか?

僕らの稼ぎは残りカス!それでも、僕らは2億円貯金しないといけない。


上記のように、ぼくらは「給料の30〜40%を税金に収め、残りのお金」で、旅行に行き、友達と遊び、飲み会に行き、結婚式に行き、家賃、携帯代、光熱費、水道代などを払っています。


そして、最後の最後の残りカスのお金で貯金します。
本当にそのペースで老後のお金を貯金できそうですか?

人生100年時代を生き延びるには2億円必要!

僕たちが退職をして「人生100年時代に備え、老後に不自由なく生活するために必要なお金」約2億円です!


「え?人生100年時代って本当にくるの?」と疑問の方は、こちらの記事を読んでください。→人生100年時代への不安が一気に解消!ライフシフトってどんな本?


60歳夫婦が不自由のない生活を送るために必要な生活費は毎月35万というデータがでており、
日本は2045年に、平均寿命が100歳に到達すると予測されています。

60歳のご夫婦が100歳に死ぬことを仮定して計算をすると、

35万✖12ヶ月✖40年=1億7000万+2000万(医療費、介護費は平均で2000万必要)=1億9000


約2億は必要ですよね。

必死に働き、税金を納めるループから抜け出せない!

上記で2億円が必要とわかると、僕たちは2億円を貯金するためにさらに働き、稼ごうとします。

  • ある人は、自分の成績を上げて給料やボーナスをあげる
  • ある人は、寝る間を惜しみ、残業代で給料を稼ごうとする
  • ある人は、自由なことに使う時間を惜しみ、出世するために上司との飲み会に欠かさず出席する

でも、稼げば稼ぐほど、税金を支払う額が多くなり、貯金はできないんですよ。


これが、僕らの残念すぎる未来と今の日本の現状なんです。

“現状”を把握することが、問題解決につながる!

 

残念すぎる日本の未来をお伝えしましたが、解決策は必ずありますただ、解決をするためには、しっかり「現状」を把握する必要があります。

  • 自分の給料からどのくらいの割合で税金を支払っているのか?
  • “残りの稼いだお金から生活費を払ったあとに残った自由なお金”はいくらなのか?

問題解決の第一歩として、現状を把握してください。

まとめ:現状のままで幸せになれるかを考えよう!

  • 将来家庭を持つことはできそうですか?
  • 子供を養い、大学まで通わせてあげられそうですか?
  • 上記のお金を払いつつ、しっかり老後のために貯金をできそうですか?

自分や周りの人間や家族を幸せにするために、まずは「ご自身の現状をしっかり把握しましょう!

ちょっとした知識で「税金を減らしたり、収入を増やしたり」する手段はたくさんあります。このブログでは「人生100年時代の最高の過ごし方」をテーマに情報発信します!

「日本のお金事情」の現状を正しく理解するために、次は【マイナンバー制度】それは、国民から税金を絞りとるためのシステム!を読んでみましょう!