【副業】初心者がプログラミング言語を勉強し月10万稼ぐ5ステップ

クニトミ

前職は三井住友信託銀行、現在はwebマーケ会社でメディアの編集長を勤めてます。

  • Twitter:フォロワー数5.2万
  • ブログ収入:月500万

  • 副業するなら何がおすすめかな?
  • プログラミングって未経験でもいける?
  • 具体的にプログラミングで月10万を稼ぐ手順は?
  • おすすめのプログラミングスクールはなに?

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。


この記事を読めば、『未経験からプログラミングで月10万稼ぐ方法』が具体的にイメージできますよ!


実際にプログラミング未経験から月100万を稼ぎ、東南アジアでゆるく生きているZizi(ジジ)さんに『プログラミングで稼ぐコツ、具体的な手順』をインタビューしました!


サラリーマンでも、主婦でも、学生でも、これからの時代を生き抜くスキルを身に付ける必要があります。


この記事はそのスキルを教えてくれる記事になるので、ぜひ読んでみてください!

目次

Zizi(ジジ)さんのプロフィール

ーーーZizi(ジジ)さん!経歴を含めつつ、簡単な自己紹介をお願いします!笑

フリーでWEB制作したり、プログラミングのメンターサービス運営してます!


大学卒業後に、リゾバ3〜4ヶ月で100万円稼いで、フィリピン留学・オーストラリアにワーホリ。そこから未経験からフリーランスに。


最近はインフルエンサーとしてフィリピンに招待されたり、僕が制作したポートフォリオサイトが日本で一番有名なプログラミングスクールのコンテストで最優秀賞を受賞しました!

最優秀賞を獲得したポートフォリオサイト

ーーー最優秀賞はすごすぎますね!そのスキルを活かして、現在はどんな仕事をしてるんですか?

大きく分けて2つの仕事をしています。


1つ目は、企業や知人から案件をもらい、ホームページなどを作ることですね。(絶賛留学中の今は企業からの受託制作はお断りしている状況です)


2つ目は、自分のサービス開発をメインに今は動いています。自分でサービスを作れば、ボクが寝ていても『作ったサービス』が働いてくれるので、稼ぐ装置になってくれるんです!

ーーーみんなが気になることが山ほどあると思うので、順番に質問させてください!笑

もしボクについて『どんな人か知りたい!』って人は、ぜひYoutubeでも51の質問に答えているので見てくださいね!

フリーランスエンジニアになったきかっけは?

ーーーなんで就職せずに、いきなりフリーランスエンジニアになったんですか?

一旦どこかに就職してから独立するのが定石ですけど、その常識を打ち破るためにまず挑戦しました。


未経験からフリーランスを目指してみて、ダメだった就職する選択肢でもいいはずです。最初から就職を目標にしていなかったですね。


未経験からフリーランスになってもスキルが高くないから稼げないと言われますが、僕の場合はチェンマイで月5万円で生活できるから、そこまで高度なスキルはいらないと考えていました。


WEB制作で月5万稼ぐのは、ぶっちゃけそこまでスキルは必要ないのでいきなりフリーランスになる挑戦ができたんですよね。

初心者からプログラミングを選んだ理由は?

ーーーなぜプログラミングを選んだんですか?ブログ、Webデザイナー、ライターなど色々な選択肢はあったはずです。

一番再現性の高い方法だと思ったからですね。


旅を続けるにはブログやアフィリエイトが一番いいよな!
と思って昔やっていたのですが、あまりうまくいきませんでした。


その一方でプログラミングは短期間で結果が出しやすいし、もしフリーランスを辞めて就職をするにしても高収入が望めるし、そもそも人材不足なのでどこでも就職できる。


めちゃくちゃ柔軟に働けるし、学習コスパ最高!と思ってプログラミングを選んだ感じですね。

ーーーボクはたまたま月60万ほど稼げていますが、ここまでくるのに時間がかかりました。確かにプログラミングなら『着実』に稼げるという点で優れていますね。

実際にプログラミングで作ったWebサイト

ーーー先ほど自己紹介で『自分のサービスを作って仕事をしている!』と言ってましたが、どんなサービスを作ったんですか?

今のところ作ったサービスは2つほどですね!

作ったWebサイト2つ
  • https://zizi.red :日本最大級のプログラミングスクールのコンテストで最優秀賞を受賞したポートフォリオサイト

  • https://zizilog.com :【月5万円を稼いで東南アジアでゆるく生きよう!】をテーマに掲げ、その手段としてWEB系フリーランスをしているZiziの旅の記録と仕事や日常の様子を発信

この中でもお仕事をいただく入り口になっているのが、</EDEN>というボクが作ったプログラミングスクールですね!

※</EDEN>は現在サービスを停止しています。

なぜ自分でプログラミングスクールを作ったのか?

ーーー確かにZiziさんのツイッターを見ると、</EDEN>への申し込み多いですよね!でも、なぜプログラミングスクールを自分で作ったんですか?

ボクは普段から【月5万円を稼いで東南アジアでゆるく生きよう!】をテーマに掲げて、そのために必要な情報を日々発信しています。


今回プログラミングスクールを作ったのは、そういう選択肢もあるんだよ!プログラミングを活用して、人生の難易度を下げられるんだよ!』ということを伝えたくて作りました。

ーーー『日本のプログラミングスクールに課題を感じた!』とかもあったのでしょうか?

もちろんありました。日本のプログラミングスクールは『高額すぎる、かつ、実務経験がない卒業生がそのまま講師をやっている』という点に課題を感じましたね。


ボクが運営している</EDEN>は、プログラミングスキルだけではなく、フリーランスになるためのマインドや営業なども含めて案件を自分で取ってこれるように教えているので、一般的なスクールとはかなり違うと思います。


『たとえ、サラリーマンを辞めたとしても生き残れるスキル・知識』を教えるのが、</EDEN>です。

副業でプログラミング言語がおすすめな理由3つ

副業するならプログラミングがおすすめな理由4つ

ーーー最近では『副業』で様々な稼ぎ方が注目されていますが、副業をするなら何が一番ベストだと思いますか?

圧倒的にプログラミングがおすすめですね!以下3つの理由でプログラミングをすすめたいです!

プログラミングがおすすめな理由
  1. プログラミングであれば、キャリアの選択を広げられるから
  2. 何にも縛られずに生きれるスキルが身につくから
  3. プログラミングスキルはコスパがいいから

理由1:プログラミングであれば、キャリアの選択を広げられるから

ーーーキャリアの選択を広げられるから! というのはどういう意味でしょうか?

個人的には、プログラミングを最初に覚えてしまえば、エンジニア転職もできるし、Webサイトも作れるのでブロガーにもなれるし、Webサイトをデザインもできるので、Webデザイナーとしても仕事の幅を広げられる。


つまり、キャリアの選択肢を広げられると思っています。

ーーーなるほど。他の業界でも求められるスキルなので、潰しが効くってことですね!日本人は『1つの会社でしか通用しないスキル』を極める人が多いので、潰しが効かないケースが多いですよね。

理由3:何にも縛られずに生きれるスキルが身につくから

ーーー何にも縛られずに生きれるスキルっていいですね。つまり、時間、場所には縛られずに自由に働けるスキルが身につくっていうイメージですか?

そうですね。自分の好きな場所で仕事できるのは本当に素晴らしいんですよ!


実際に今年は、毎月自分がいる国が違います。笑 各国を転々としながら自由に仕事ができています。


ちなみに今はインドネシアのジャカルタでこのインタビュー記事を書いていますよ!笑

ーーー自由度高すぎますね。笑 日本においても同じことが言えそうですね。毎月、違う都道府県で住んでのんびり生きるなんてできそうです!

理由3:プログラミングスキルはコスパがいいから

ーーープログラミングスキルがコスパがいいというのは、どういう意味ですか?

自分がプログラミングスキルを得るために投じた『金額、時間』を回収できる確率が高いということです。


たとえばプログラミングスクールに30万円使っても、それで転職に成功して月30万円以上もらえば1ヶ月でその資金を回収できますよね?


しかも30万円っていう数字はこの業界でかなり低い数字なので、それ以上に回収できてしまうので、お得感がすごいという意味です。

ーーーたしかに!それはプログラミングのいい点かもしれません!ブログだとどうしても『結果が出るか分からない』という不確実性がつきまといますしね。

【副業】初心者におすすめプログラミング言語はWeb系!

初心者におすすめのプログラミング言語はWeb系?

ーーーエンジニアってあまりイメージがわかないのですが、大きく分けるとどんな種類がありますか?

すごい初心者目線でイメージしやすいように大きく分けると、『WEB系エンジニアと、アプリ系エンジニア』があると思います!(ここまで単純には分けれませんが、イメージしやすいように分けてみました。)

エンジニアの種類
  • Web系エンジニア:ホームページ、Webサイトなどを作るエンジニア
  • アプリ系エンジニア:アプリを開発するエンジニア

Web系の言語がおすすめな理由

ーーーなるほどなるほど。Web系エンジニアと、アプリ系エンジニアだと、どっちの方がおすすめですか?

人にもよるので『絶対にこっちがいい!』と断言はできないですが、Web系エンジニアの方がキャリアの選択肢は広げられる気がしますね。


また、学習コストがあまりかからない割に、『お金を稼げる=つまりコスパがいい』という点からもWeb系がおすすめです。


僕の場合は未経験からフリーランスになりましたが、Rubyや他の言語ではおそらく無理でした。(実際にRubyを今やっているのでそう言い切れます)


あと、WEB制作は他の言語と比べても一番リモートワークがしやすいから、初心者にはおすすめですね。

 

ーーーWeb系エンジニアだと、どのような言語を覚えればいいでしょうか?

Web系の言語といってもかなり幅広いのですが、以下4つを覚えればひとまずOKかと!

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • WordPress
注意

HTML、CSSはマークアップ言語ですが、初心者の方に理解してもらうために解説しております。


少し意味が異なる箇所があるかもしれませんが、初心者目線での解説を心がけておりますのでお許しください。

プログラミング初心者が勉強!副業で月10万稼ぐ5ステップ

プログラミング初心者が副業で稼ぐ際のコツ3つ

ーーープログラミング初心者が月10万まで稼げるレベルにいくためにやるべきことをステップ形式で教えてください!

ボクの実体験も混ぜてお話をすると、以下5ステップを順番に踏んでいけば、個人で稼ぐ力が身につくと思います!

プログラミングで稼ぐ5ステップ
  1. 必要なWeb系言語を理解する
  2. Web系の言語を勉強する
  3. ポートフォリオサイトを作る
  4. 営業メールをする
  5. オリジナリティを模索する

ステップ1:必要なWeb系言語を理解する

ーーー以下4つのWeb系言語について簡単にどんな役割があるのか?を教えてください!

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • WordPress

HTML/CSSは、マークアップ言語と言われていて、簡単に言うとWEBサイトに表示されているテキストデータを扱う言語のことですね。HTMLは文字(テキスト)、CSSは文字の飾り付けを担当します。


JavaScriptは、ユーザー側のWebブラウザと、Webサイトまたはウェブサービスの相互間のやりとりを、円滑にするために使われています。何でもできてしまいますが、WEBサイトでは全体の動きなどを担当します。


PHPは、MySqlやPostgerSQLなどさまざまなデータベースと連携したWebサイトを簡単に作成することができる言語のことです。


上記4つのWeb系言語については、こんか感じで理解しておけばOKですよ!

ステップ2:Web系の言語を勉強する

ーーー実際にziziさんは、上記4つの言語はどのようにして勉強したんですか?

主にProgateドットインストールの2つを使って、プログラミング学習をしていました。


それに加えて4つくらいスクールを受講して勉強しましたね!笑


インプット中心のProgateだけやっていても、いつまでたってもできるようにはならないので、サイト模写など、アウトプットを意識して学習するのが大切ですね!


プログラミングスクールは『アウトプットする機会』がたくさんあるので、実践レベルまで成長できる点が最も魅力だと思っています。

注意:独学でプログラミングを学ぼうとしない

ーーー独学でプログラミングをすると大体は挫折すると言われていますが、周りにも挫折した人はいましたか?

もちろんたくさんいましたよ!気づいたらいなくなっていることがほとんどです。Twitterやってるとよくわかりますね。

 

ーーーなぜ挫折しちゃうんでしょうか?

プログラミングって『ぶちあたる壁』が多すぎて、一人では乗り越えられない場面が多いんですよね。


特に初心者のうちは『課題を乗り越え得る方法』も分からないし、人脈もないので、困ったことがあってもエンジニアの人とかに聞けないし。

  • 最適な学習内容がわからない
  • どうやってエラーを直せばいいんだろう
  • 質問できる人がいない
  • 課題を乗り込え方がわからない

初心者のうちは特に、こんなたくさんの悩みが一気に押し寄せるのでパンクしちゃうんですよね。泣

ーーーなるほど。プログラミングの場合は、まずは『基礎をある程度学んで、課題の乗り越え方を身につける』のが大切で、そのあとに独学をする方がよさそうですね!

ステップ3:ポートフォリオサイトを作る

ーーーポートフォリオサイトとはなんでしょうか?

簡単に言うと自分の「作品集」のようなものです。

 

ーーーなぜポートフォリオサイトを作った方がいいのでしょうか?

ポートフォリオサイトは自分が今持っているスキルを証明するものになり、案件を発注したい人はポートフォリオサイトでその人のレベル感が大体分かるので発注しやすいからですよ。

 

ーーー具体的にziziさんはどのようにして作ったんですか?

こういうサイトを作りたいというイメージがすでにあったので、ザッと紙にラフを書いてコーディングしながらデザインしていきました。


このあたりはよく聞かれることでして、ブログでも解説していますので参考にどうぞ!

ステップ4:営業メールをする

ーーー営業メールでは、『誰に、何を』営業するんですかね???

ポートフォリオサイトを作ったら、制作会社や広告代理店に「フリーランスで活動しているのでリソースが足りなければお手伝いさせてくださいー!」と営業します。


だいたい100通以上営業メールを送りましたね。

ーーー精神的にきつくないんですか?笑 なんかきつそうですけどwww

飛び込みの営業だったら精神的にキツそうですけど、1秒1クリックで送れるので消耗せずに済みます。笑


文章だけのやり取りで会うわけでもないのでノーリスク・ハイリターンですよ!なんでみんなやらないのか不思議です。笑

 

ーーー営業メールを送る際に、どういう場面でポートフォリオサイトは役立ってきますか?

まず、制作会社や広告代理店の発注者の立場になってみましょう!


もしあなたが会社からフリーランスに外注をすることを任されていたら、どんな人にお願いしたいと思いますか?


メールをもらっただけではその人のスキルレベルやどんなことができるのかがわかりませんよね?その時に役立つのがポートフォリオサイトです。


メールにポートフォリオサイトのリンクがあることで、自分の実績や自分にどんなスキルがあって、どんなことができるかがひと目で分かります。

 

ーーーちなみに</EDEN>では、上記のようなテクニックや、営業メールのノウハウなども全て教えてもらえる感じですか?

もちろんですー!


受講生限定で僕が実際に使っていた営業メールやメールリスト管理方法もシェアしているので再現性はかなり高いと思います。


</EDEN>の過去の受講生では、この方法でプログラミング未経験から、3ヶ月目で月20万円の契約を制作会社と結んだ人もいますよ!

ステップ5:ロールモデルになる人を見つける

ーーーエンジニアとして働きつつ、自分の理想的な生き方、働き方をしている人を見つけるべき?ということですか?

そうですね。自分よりちょっと先にいる人を追っていく感じです。

 

ーーーなるほど。なぜ見つけた方がいいんでしょうか?

そういう人がいるのといないのでは、挫折率が違うからです。


ロールモデルになる人を見つければ、具体的な手順がわかるし、自信を持ってその方向に進んでいくこともできますよね。


でもロールモデルになる人がいなければ、どの方向に進めばいいか分からないし、最初は自信があったとしても途中から不安になって諦めてしまうことが多いと思うんですよね。

ーーー確かにボクもロールモデルになるような人がいないままブログをしていた時は不安でした。


ーーーロールモデルはどのようにして見つければいいでしょうか?

エンジニアとしてのロールモデルであればTwitterで探すのが一番だと思います。


ツイッターを見てみると、その人が具体的にどのような手順で現在に至ったのかを発信しているケースも多いですし、ロールモデルの人が活躍しているのをみると、自分のモチベーションにもつながりますよね。

プログラミング初心者が副業で稼ぐ際のコツ3つ

プログラミング初心者が副業で稼ぐ際のコツ3つ

以下ではプログラミング初心者が副業で稼ぐコツ3つを紹介しますね!


この3つを意識して取り組むのと、取り組まないのとでは全く成果は異なるので、じっくり読んでください!

プログラミングで稼ぐコツ3つ
  1. まずは1件受注を目標にする
  2. 周囲に自分がWEB制作ができると言いふらす
  3. とにかく数をこなす(質より量)

コツ1:まずは1件受注を目標にする

ーーー1件受注ですか!これはクラウドソーシングなどで見つけた仕事でもいいのでしょうか?それとも先ほどの営業メールで獲得した企業からの案件ですか?

どちらでもいいです!


簡単なのはクラウドソーシングなので、最初のステップとしてはクラウドソーシングで経験を積むのがおすすめですね!

ーーー理解できました!ちなみに、まず1件受注した方がいい理由はなんでしょうか?

実務に慣れるためですね。


制作会社を含めた発注者と、どういうフローでWEB制作が進んでいくのかを体験するためです。

ーーー具体的に、Web制作フローを体験しておくことでどのようなメリットがあるのでしょうか?

結論から言うと、先にクラウドソーシングなどで制作フローを体験しておくことで、制作会社とのやりとりで失敗しにくいというメリットがあります。


クラウドソーシングは副業的な感じでやっている人が大多数なので、取り返しのつく失敗ができますが、実際に自分で企業に営業をして取ってきた案件については1度の失敗が致命傷になります。


なので、その致命傷を防ぐという意味でもまずはクラウドソーシングなどで制作フローに慣れておく必要があるということです!

 

ーーー1件受注した際に、どんなことに気をつけて仕事をしていましたか?

120%の力で仕事をすることです!


実績がないうちは単価やスピードでしか勝負できないので、質も高めつつ、期限内に余裕を持って提出できるようにスピード感を持って仕事に取り組んでいました!

コツ2:周囲に自分がWEB制作ができると言いふらす

ーーーどういう感じで、誰に対して『自分はWeb制作できます!』とアピールしてたんですか?

僕の場合は、TwitterをはじめとするSNS、家族や友人にアピールしてましたね。


今だったら、SNSのインフルエンサーに絡むのもアリかなと思います。


もしインフルエンサーが気に入れば、自分の声はより遠くに届けることができますもんね!

 

ーーー実際に言いふらした結果、どのような効果がありましたか?

親の知人で保険の営業をやっている方と繋がったり、地元の市役所員と繋がったりしたことで、お仕事をいただけるようになりましたよ!

コツ3:とにかく数をこなす(質より量)

ーーーとにかく数をこなすというのは、お仕事を受注する数ということですかね?

仕事を受注する数もそうですし、先ほど説明したように営業メールでも数を打つのが重要ですね。


ただ受験生のようにインプットして学習だけではなく、実際に手を動かして営業メールをする!そして仕事をもらって、手を動かして働く!


しっかり実務経験をこなしアウトプットして初めて、『提案力・交渉力・技術力』を一人前に引き上げることができるんです!


ーーー徹底的に数をこなした人の説得力は違いますね。ちなみに、数をこなす際に意識するべきことはなんでしょうか?

あまり先のことを考えず盲目的にやってみることです。


先のことを考えすぎると、『今やっている仕事って意味あるのかな?』など迷いが生じてしまい行動スピードが低下してしまいます。


まずは盲目的に数をこなせば、知らない間に圧倒的な力がついていますよ。


そのあとで考えれば新たな景色が見えてくるので、まずは経験を積むために数をこなすのが重要だと考えています。

副業で、初心者がプログラミング学ぶ際の注意点3つ

副業で、初心者がプログラミング学ぶ際の注意点3つ

以下では初心者がプログラミングを学ぶ際に注意すべきこと3つを紹介します!


この3つを事前に意識すれば、ミスを防げるので要チェックです!

注意点3つ
  1. 短期集中で学ぶ
  2. とにかく自分の手を動かす
  3. プロゲートばかりやらない

注意点1:短期集中で学ぶ

ーーー短期集中でいうと、どのくらいの期間で、何を学べばいいでしょうか?

3ヶ月間でがっつり学ぶのがおすすめですね!


半年間や1年間かけて同じ内容を学ぶのもいいのですが、学習効率が悪くなるし、モチベーションも下がってしまいますよね。


それであれば、3ヶ月間でがっつり学んで記憶定着させて、すぐに副業で稼ぐ方が成長スピードも早いし、お金も稼げるので3ヶ月間で一旦学び切るのがおすすめです。

 

ーーー平日、休日だとどのくらいの勉強時間は確保するべきですか?

少しきついかもしれませんが、平日3時間、休日5時間のペースで勉強するのがいいかと思います。


もし平日3時間が難しければ、週最低25時間以上は維持して、土日で勉強するようにしてください!


これはプログラミングだけの話に限らず、専門スキルを身に付けるのであればある程度の勉強時間は必要だということです。

ーーー間違いないですね。ボクの今ではWebサイト運営でかせげていますが、未経験の頃はかなり勉強しました。どの分野においても勉強時間が必要なのは同意です。

注意点2:とにかく自分の手を動かす

ーーーとにかく自分の手を動かすとはどういう意味でしょうか?

コードをたくさん書くということです。


よく考えて悩んだ結果、なかなか行動できていない人が多い気がします。


やはりとにかく行動して、手を動かさないと気づけなことが山ほどあるので、『とにかくやってみよう!』という気持ちで自分の手を動かすことをボクは大切にしてますね。

注意点3:Progate(プロゲート)ばかりやらない

ーーーProgate_(プロゲート)って、独学でプログラミングを学べるWebサービスですよね! あまりやらない方がいい理由はなんですか?

インプットとしてProgate(プロゲート)を使うのは全然いいと思うのですが、プロゲートだけできても実案件はできるようにならないので、おすすめしないという意味です。


どうしてもProgate(プロゲート)ばかりしていると、『プログラミングスキルが身についてる!』と勘違いしてしまうんです。


プログラミングにおいて重要なのは『インプットした内容をどのようにアウトプットして、習得していくか?』なんですよね。


だから、インプットとアウトプットをセットで提供してくれるプログラミングスクールがオススメです。


ーーー受験勉強においても同じことが言えそう。勉強ばかりしても、模擬テストや過去問を解いて経験を積まないと、志望大学に合格できないのと同じですね。