次回から『副業コンパス』とご検索くださいませ

一目でわかる!個人wordpressおすすめレンタルサーバー5社比較

一目でわかる!個人wordpressおすすめレンタルサーバー5社比較

クニトミ

前職は三井住友信託銀行で働き、現在はwebマーケ会社で30名ほどが関わるWebメディアの編集長を勤めている、クニトミです。

Twitterアカウント:フォロワー数は48,000人以上

  • どのレンタルサーバーを使えばいいの?
  • 比較したけど、ぶっちゃけ何を比較すればいいの?笑
  • WordPressが使えて、個人向けのレンタルサーバーがいいな
  • ブログ初心者におすすめのレンタルサーバーを教えて欲しい

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。


この記事で解説する『おすすめレンタルサーバー5社比較の早見表』を見れば、どのレンタルサーバーを利用すればいいかわかりますよ!


実際に在籍中のWebマーケ会社でも、複数のメディアで編集長を勤めており、サイト立ち上げ時にさまざまなレンタルサーバーを検証しました!


ボクが社内のエンジニアなどに相談し、『スペック』『初心者向け』『安全性』の観点でいただいたアドバイスを元におすすめのレンタルサーバーを選んだので、ぜひご確認ください!

【5社ランキング比較】Wordpressにおすすめレンタルサーバー早見表

【5社ランキング比較】Wordpressにおすすめレンタルサーバー早見表

クニトミ

ブログ初心者に最もおすすめなのは、エックスサーバーです!月500万稼ぐ当サイトも利用しています!

レンタルサーバー会社 初期費用 月額 機能
スペック
WordPress
使える
サポート体制
(個人向け)
評判

公式ページを見る
花丸
3,300円 1,100円 詳しくみる

公式ページを見る
花丸
無料 1,200円~ 詳しくみる

公式ページを見る
無料
(3ヶ月以上)
480円~ 詳しくみる

公式ページを見る
1,500円 500円~ 詳しくみる

公式ページを見る
1,048円 524円

クニトミ

下記では、エックスサーバーを活用して、79枚の画像を使って誰でも失敗しないようにブログ開設の仕方を紹介しています!

WordPressブログの始め方を初心者に79枚の画像で教える!アフィリエイトで稼ぐ!

【個人向け】初心者がWordpressレンタルサーバーを選ぶポイント5つ

【個人向け】初心者がWordpressレンタルサーバーを選ぶポイント5つ

レンタルサーバーを選ぶポイントは以下5つです。


この記事では、以下5つのポイントを満たしたレンタルサーバーをご紹介するので、ご安心してくださいね!

Wordpressレンタルサーバーを選ぶポイント
  • 費用
  • サポート体制
  • サーバーの処理速度
  • ディスク容量
  • 設置するWordPress数

『こんなこと知らなかった!』とあとで困ることがないように、目を通しましょう!

1:費用

レンタルサーバーでかかる費用は大きく分けて『初期費用』と『月額費用』があります。


ここでポイントなのは、『安すぎるサーバー=400円以下』はあまり利用しないほうがいいということ。


『安い』のには当然理由があるわけで、サポート体制が不十分だったり、機能が低品質だったりと、トラブルが多いです。


たった数百円を払わないだけで今までの努力が消えることもあるので、費用をケチるのはやめましょう。

クニトミ

初期費用はかかってもOK!月額400円以上のサーバーを使いましょう!

安く抑えるコツ

費用を安くするコツは、『契約期間を長くすること』ですね。


『1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年間』など色々ありますが、長期間で支払いましょう!


そもそもブログやWebサイト運営で稼ぐには6ヶ月〜1年はかかりますし、1年契約などの長期契約で割引されるプランはよく見かけます。


とはいえ使い心地もわからないと思うので、不安な方は無料体験期間を提供しているレンタルサーバーを活用するといいですよ。

2:サポート体制

基本的にどのレンタルサーバーも電話対応、メール対応はしてくれるので、そこまで心配しないでいいと思います。


重要なのは『対応の仕方』ですね。


実際に口コミや評判を元に調べてみると、エックスサーバーは国内No.1のシェアを誇っていることもあり、対応がかなりいいように感じました。


その一方で、以下ツイートのように『さくらのレンタルサーバーの対応』が問題になっていますよね。

真相はわかりませんが、ボクなら良質な口コミが多いエックスサーバーを選びます。

クニトミ

実際に僕も使ったことがありますが、エックスサーバーのサポートは丁寧で、手厚いのでおすすめですよ!

3:転送量

【5分で分かる】転送量とは?計算方法と制限まで徹底解説

引用元:レンサバ講座

転送量はサーバーから送られるデータ量のことで、1日50GB以上の転送量があるといいですね。(詳しい計算式は割愛します。)


1日50GB以上ということは、1ページのファイルサイズが3MBの場合、1日に15,000〜16,000PVを超えなければ問題なしです。


月500万以上を稼ぐ当サイト(副業コンパス)でも、1日に15,000PVほどなので、初心者の方が心配する必要はありませんよ!

クニトミ

転送量は1日50GB以上を選びましょう!

4:サーバーの処理速度

結論、サーバーの処理が速いレンタルサーバーを活用するべきです。


なぜなら『ウェブサイトの表示速度が速いほど、ユーザーが早期離脱せずに記事を読む可能性が高いから』ですね。

クニトミ

エックスサーバーやConoHa WINGは、処理速度が早いのでおすすめ!

5:設置するWordPress数

おそらくブログ初心者の方は問題ないですが、複数のWebサイトを運営したいと思っている場合、『マルチドメインとMySQLの利用可能数』には気をつけましょうね!

マルチドメインとは?

「独自ドメインを複数(マルチに)設定できる」という意味です。

マルチドメインの数=設定できる独自ドメインの数を表しています。

MySQLとは

ブログの情報やデザイン設定などのデータを保存する「データベース」のこと。

MySQLが1つでも複数のWordPressはインストールできるのですが、データ管理などが大変になるので、WordPressひとつに対してMySQLひとつが望ましいでしょう。

クニトミ

エックスサーバーやConoHa WINGなら、マルチドメインやMySQLの個数が多いので、気にしなくてOKです!

以下では、上記5つのポイントを満たしているおすすめレンタルサーバーを紹介しますね!

【各社の特徴】Wordpressにおすすめレンタルサーバー5社比較

【各社の特徴】Wordpressにおすすめレンタルサーバー5社比較

これから紹介するレンタルサーバーは、以下5つの条件を十分に満たしているものです。

  1. 費用
  2. サポート体制
  3. 転送量
  4. サーバーの処理速度
  5. 設置するWordPress数

Webマーケ会社で編集長を勤めているボクの視点で、『初心者におすすめ』なレンタルサーバーを紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

【国内シェアNo.1】信頼できて、初心者向けならエックスサーバー

『どのレンタルサーバを利用したらいいの?』『どんな基準で選べばいいのかわからない』と悩んでいるなら、エックスサーバーが絶対におすすめです!


低コストなのに365日の丁寧なサポートがあり、サーバーの処理速度なども申し分ないです。


国内シェアNo.1のレンタルサーバーになる理由もわかります。


加えて全プランで独自SSLが無料なんですよね!


スペックも高い、かつ、安定しているので、快適にwordpressでサイト運用ができますよ!


『総合的に満足度の高いレンタルサーバーを使いたい!』という方に、絶対におすすめしたいレンタルサーバーです!

クニトミ

下記では、エックスサーバーでブログ開設する際の手順を79枚の画像を使って説明しているので、ご参考にどうぞ!

WordPressブログの始め方を初心者に79枚の画像で教える!アフィリエイトで稼ぐ!

速くて性能の高いサーバーならConoHa WING

『性能が高くて、処理が速いサーバーを使いたい!』と悩んでいるなら、ConoHa WINGがおすすめですね!


サイトの表示速度が速ければ、ユーザーが快適にWebサイトを見れるので、検索順位Upにつながりやすいです。


つまり収益UPにもつながりやすいんですよね。


『とにかく最速レンタルサーバーにしたいんだ!』という方におすすめです!

WordPress移行代行したならカラフルボックス

『他のレンタルサーバーで運用しているWordPressサイトを移行したい!』と悩んでいるなら、カラフルボックスがおすすめですよ!


移行する場合、1サイト12,800円(税別)で移行代行の手続きをしてくれます。


申し込みから5営業日以内に対応してくれるだけでなく、移行代行のプロが徹底的にサポートもしてくれるので安心ですね。


知識ゼロの状態から移行作業をやると時間がかかるので、プロに任せましょう!

格安のレンタルサーバーならロリポップ!

『月額料金を最低限に抑えたい!』という方は、ロリポップがおすすめですね!


上記の比較表を見ても500円と安いですが、『月額100円』や『月額200円』のように格安で費用を抑えることができます。


個人的にはレンタルサーバーで400円以下のプランはあまりおすすめしたくないのですが、本当に節約したいという方なら、ロリポップを使うといいでしょう。

注意:さくらのレンタルサーバはおすすめできない

上記でも少し触れましたが、さくらのレンタルサーバーはおすすめできません。


サポート対応などの口コミや評判をみるとあまり良くないですし、トラブルも多いですよね。


トラブルがあると、副業どころではないですし、精神的に疲れてしまうので違うレンタルサーバーを活用しましょう!

迷っているなら、エックスサーバーを使おう!

迷っているなら、エックスサーバーを使おう!

この記事で解説した『おすすめレンタルサーバー5社比較の早見表』を見れば、本当におすすめのレンタルサーバーが一瞬でご理解いただけたと思います。


繰り返しになりますが、おすすめのレンタルサーバーはエックスサーバーです!


『費用』『スペック』『サポート体制』など、あらゆる点で総合的に考えてもダントツで1番ですし、各機能に焦点を当てても1番。


その結果、国内No.1シェアで、運用サイト数が170万を超えたので、文句なしですよ!

レンタルサーバー会社 初期費用 月額 機能
スペック
WordPress
使える
サポート体制
(個人向け)
評判

公式ページを見る
花丸
3,300円 1,100円 詳しくみる

公式ページを見る
花丸
無料 1,200円~ 詳しくみる

公式ページを見る
無料
(3ヶ月以上)
480円~ 詳しくみる

公式ページを見る
1,500円 500円~ 詳しくみる

公式ページを見る
1,048円 524円