次回から『副業コンパス』とご検索くださいませ

編集長目線でWebライター初心者にブログがおすすめな理由3つ

WEBライターにブログがおすすめな理由

クニトミ

前職は三井住友信託銀行で働き、現在はwebマーケ会社で30名ほどが関わるWebメディアの編集長を勤めている、クニトミです。


【掲載メディア】週刊SPA!、Yahoo!ニュース、LINEニュース

Twitterアカウント:フォロワー数は44,000人以上

  • Webライターはブログを作った方が良いの?
  • Webライターがブログを作るとどんな効果があるの?
  • やっぱポートフォリオって重要なの?
  • ポートフォリオないと仕事って受けられないの?

こんな悩みを解決できる記事を書きました!

この記事で解説する『Webライターがブログをやるべき理由』を確認して、『Webライター向けブログのやり方』を実践すれば、クライアントから仕事依頼が鳴り止まないWebライターになれますよ!

なぜなら、編集長として30名以上のWebライターをディレクションしている僕が、「クライアント目線で思うこと」や「Webライターだったころに実際に経験したこと」を紹介するからです!

実際に編集長としての活動が評価されて、会社では『2019年度の年間MVPプレイヤー』と『最優秀チーム賞』をいただけました。

2019年度の年間MVPプレイヤー「クニトミ」

そんなボクが、クライアント目線でめっちゃ正直に答えているので、Webライターの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

Webライターとは?初心者にオススメの副業

Webライターで稼ぐ仕組み

Webライターとは、Web媒体の記事を執筆する仕事を意味します。

調べ物の際にネット検索して出てくる記事の大半は、Webライターが執筆していますね。

クラウドソーシングサイトで募集していて、他副業に比べて敷居が低いので、初心者・未経験者も取り組みやすいのが特徴です。

ただし実際のところ、稼げている人とそうでない人がいるので、収入を得るためにはブログ作成やスキルなどで、差別化の工夫が重要になりますね!

クライアント目線で、Webライターにブログをオススメする理由3つ!

クライアント目線でブログがオススメの理由

編集長としてクライアント側にいる僕が思うこととして、『Webライターにブログをオススメする理由』をピックアップしました!

ブログの有無はWebライターの収入に大きく影響するので、以下でそれぞれの理由を確認してみてくださいね!

Webライターにブログをオススメする理由
  • 理由1 実力不明の人に依頼するリスクが高すぎる
  • 理由2 人間性がわからないと依頼しにくい
  • 理由3 ブログがないと本気さを感じられない

理由1:実力不明の人に依頼するリスクが高すぎる

Webライターにブログをオススメする理由は、実力がわからない人に仕事を依頼できないと感じるからです。

実力不明な人に仕事を依頼するのは、普通にリスクが高すぎるので、まずポートフォリオとしてブログ記事を確認したいんですよね。

実際に編集長として、お仕事を依頼するWebライターのポートフォリオを確認できなかった場合、以下のようなリスクを考えていました。

実力がわからない人に依頼するリスク
  • 低品質な記事を書くかも
  • 修正が多すぎて自分で書く羽目になるかも
  • 最終的に他のライターを探すことになるかも

正直なところ、テストライティングで断るのも神経使うので、最初から大丈夫そうな人とやりとりしたいんですよね。

なのでテストライティングの結果がいまいちでも、ブログの記事が良い感じだったらお願いすることもありますよ!

いくら良い提案文をもらっても依頼しにくいので、仕事の受注率をあげたい方はブログを作っておきましょうね!

理由2:人間性がわからないと依頼しにくいから

Webライターにブログを作ってほしい理由の2つ目は、人間性がわからない方には仕事を任せにくいから。

というのも、トラブルが発生してしまうリスクを避けたいので、まずはブログで人間性を確認したいんですよね。

以下のようなトラブルは、非常に嫌な気分になるし仕事に悪影響を及ぼすので、絶対に避けたいとクライアント側は思ってます!

考えられるトラブル
  • やりとりが傲慢でコミュニケーション不可
  • 修正に対応してもらえない
  • アカウントに悪い評価をつけられる
  • SNSで悪口を言われる

ブログで人柄の良さや素直さなどが伝われば、実力がなくても『成長性はありそうだな。仕事を依頼してみよう!』などに繋がったりするのでオススメ。

理由3:ブログがないと本気さを感じられないから

Webライターにブログ運営をオススメするのは、ブログ・ポートフォリオのない場合、やる気がないようにも見えてしまうからなんです。

ちょっと厳しい意見になってしまうのですが、ポートフォリオ必須案件が多いのにブログをやっていないのは、「ちょっと試しにWebライターを登録してみたよ!」っていうレベルにも見受けられるんですよね。

実際にボクが編集長としてWebライターを採用した際、多少実力が足りない方もいましたが、「ブログも本気でやってるし、仕事を投げてもいいかもしれない」と思い、採用したこともあります。

Webライターとしての実力が足りなくてもできることなので、ブログを運営して本気度のアピールにつなげましょうね!

元Webライター目線で、ブログをオススメする理由4つ!

元Webライター目線でブログがオススメな理由

僕自身がWebライターとして活動していた時に感じた『ブログをオススメする理由』を解説しますね!

正直Webライターとして稼ぐためには「ぶっちゃけブログ必須だな!」と実感していたので、以下の理由を収入アップの参考にしてくださいね!

Webライター目線でブログをオススメする理由
  • 理由1:自分の資産を作れるから
  • 理由2 :Webライティングがスキルアップするから
  • 理由3 :SEO・Webマーケティング知識が深まるから
  • 理由4 :WordPressの実践的スキルが身につくから

理由1:自分の資産を作れるから

Webライターにブログをオススメする最大の理由は、培ったWebライティングスキルを活かして、ブログを書くことで「自分の資産」を作れるからです。

ボクは1年でブログ月収200万円を達成できたのですが、それは『自分の資産』としてずっと記事を書き続け、積み上げてきたからなんですよね。


ライティングスキルを伸ばすことは重要ですが、ずっとWebライテーとして働き続けて記事を納品していても、『会社の資産』にはなりますが、『あなたの資産』にはなりませんよね?


極論ですが、明日会社をクビになってもいいように、『自分の資産』を作っておくことをオススメします!

理由2:Webライティングスキルが身につくから

Webライターとして仕事で執筆する場合、Webライティングスキルが伸びないこともあるんですよね。

なぜならクライアントが定めた「表現」や「文章の書き方」をしないといけないからです。

一方ブログでは、自分ルールで好きなように執筆できるため、Webライティングスキルを学ぶ練習ができます。

またWebライター初心者は、執筆前の実力テスト「テストライティング」に受からない可能性が高いので、事前にブログで練習することで、合格率を高めるやり方がオススメですよ!

理由3:SEO・Webマーケティング知識が深まるから

ブログを運営すれば、高収入Webライターになるための必須スキル「SEO」や「Webマーケティング」の知識が身につきますよ。

というのもSEOやWebマーケティングの知識って、自分でサイト運営しながら学ばないと身につかないんですよね。

たとえば、あなたが起業するとして以下2人から、起業に関するアドバイスをもらった場合、どちらの方が説得力がありそうですか?

  • A:実際に1度も起業したことないが、起業コンサルを行なっている人
  • B:18歳から起業し、3度失敗したが、4社目で年商1億の会社を作った社長

おそらくBさんの話を聞きたいはずですよね?

これはブログに置き換えても同じです。「知識だけ知っている人」と「実践レベルで理解している人」では、記事の品質にも差が出ますし、任せられる作業内容とかも変わってきますからね。

僕もそうでしたがブログに取り組めば、実践レベルでブログ運営スキルや、SEOライティングが学べるのでまじでオススメです!

理由4:WordPressの実践的スキルが身につくから

Webライターにブログ運営をオススメする理由は、入稿作業で利用することの多い「WordPress」の知識が身につくからです。

クライアントの立場からお話をすると、お仕事をお願いしたいのは、『記事を書くだけのWebライター』よりも『記事を書いて、Wordpress入稿もできるWebライター』なんですよね。

後者の方が、前後の文脈なども理解して、適切に入稿作業してくれるので、さらに記事の品質が高まるんですよね!

WordPressのスキルが身につけば、受注できる仕事が増えて収入アップにもつながるので、ブログはやっておいて損しませんよ!

たったの1時間でスタート!ブログ作成の簡単4ステップ

ブログを作る手続きは、上記4ステップで進めれば1時間程度でできますよ!

なお以下の記事で、79枚の画像を使って『超簡単にできるブログ作成手順』を限界までわかりやすく解説しています!

手順に迷わずにササッとブログを作りたい方は、以下の記事へ進んでくださいね!

WordPressブログの始め方を初心者に79枚の画像で教える!アフィリエイトで稼ぐ!

収益アップ!Webライター向けブログのやり方3選

Webライター向けブログのやり方

Webライター向けのブログのやり方は、以下の内容を参考にしてください。

希望ジャンルの案件や、クラウドソーシング以外からの仕事を獲得できるようになりますよ!

Webライター向けのブログのやり方
  • やり方1 得意ジャンルを中心に書く
  • やり方2 Webライターの活動報告も書く
  • やり方3 プロフィールから仕事が入る流れを作る

やり方1:得意ジャンルを中心に書く

Webライターがブログをやる場合、好きなジャンルを中心に執筆するやり方がオススメです。

というのもブログで書いた記事は、そのまま得意ジャンルとして認識されるので、好きな分野の依頼を受けやすくなるからですね。

なおテーマは、2〜3個くらいに絞って更新していけば、得意ジャンルも伝わりサイト自体も育つので効率的ですよ。

得意分野の記事はスラスラ更新できるはずなので、案件獲得とブログ収益アップを目指して実践してみてくださいね!

やり方2:Webライターの活動報告やノウハウ記事なども書く

Webライターとしての活動を加速させるためには、Webライターの活動報告記事や、Webライティングのノウハウ記事を書くのもオススメです。

というのも、活動報告などの記事を書いてTwitterなどで拡散すれば、仕事が入る可能性が高まるから。

以下のようなツイートとか目にとまりますよね!

実際に、スキルがありそうなWebライターをTwitterで探すクライアントは結構多いんですよ!

クラウドソーシング以外でも仕事を受けられる経路を作るのは、収入の安定化に重要なので、記事を書いて拡散していきましょうね。

やり方3:プロフィールから仕事が入る流れを作る

Webライターの方は、仕事の依頼が入るプロフィールページをブログ内に作っておきましょう。

なぜならクラウドソーシングを介さず、たまたまブログを見て仕事の依頼をくれるケースもあるからです。

仕事を獲得するためには、以下の要素が入ったプロフィールを作ればOKですね。

  • Webライターになるまでの経歴
  • できる仕事内容
  • 公表できる仕事の実績(最初はなくてもOK)
  • 記事作成料金の目安(最初はなくてもOK)
  • お問い合わせフォームへの内部リンクボタン

クラウドソーシングで受けられる案件より、ブログ経由でオファーされた方が単価も高いのでガンガンアピールしましょうね!

Webライターがブログを書く際の注意点3つ

Webライターがブログを書く際の注意点

Webライターにブログはおすすめですが、「更新状況」や「更新内容」によっては、クライアントから『ブログは手抜きだな』と思われてマイナスの印象を持たれる場合もあります。

以下にブログ運営で注意すべき点をまとめたので、収入アップにつながるブログを作るためにも、チェックしてみてくださいね!

Webライターがブログを書く際の注意点
  • 注意点1 忙しくても更新は続けるべし!
  • 注意点2 手抜き記事はやめるべし!
  • 注意点3 過激な発言はやめるべし!

注意点1:忙しくても更新は続けるべし!

Webライターの収入アップにつなげるためには、忙しくても記事の更新は続けましょう!

なぜなら最終更新履歴が数ヶ月前とかになっていると、あんまり活動していない雰囲気が出てしまうから。

Webライターやりながらブログ書くって結構大変なんですが、最低でも週1〜2本程度は、更新することをオススメします。

活発に活動している雰囲気を出すために、なるべく更新は怠らないようにしましょうね!

注意点2:手抜き記事はやめるべし!

仕事の受注率を上げるためにも、手抜き記事は絶対に書かないようにしましょう!

当たり前ですが、クライアントは記事の質でWebライティングのスキルを測るので、レベルの低いWebライターに仕事を依頼しようとは思わないです。

多少更新頻度が落ちたとしても、時間をかけて仕事で書くのと同等以上の品質を心がけましょう。

しかも低品質な記事をいくら量産しても、ブログの収益化にもつながらないですからね。

品質の高い記事を書く場合、下記を参考にすると、具体的にあなたが学ぶべき順番が見えてきますよ!

ブログ集客で38万PVを実現するための方法はSEO対策3つだけ

注意点3:過激な発言はやめるべし!

Webライターの活動にブログを活用するためには、絶対に過激な発言をしないように心がけましょう。

なぜならば過激な発言をしている人は、トラブルを起こす可能性が高いので、仕事を依頼したいと思えないからです。

僕だったら、以下のような言動は「ちょっと嫌だな」と思う可能性が高いですね。

  • 誰かに対する「暴言や愚痴」
  • 政治や宗教に関する「極度に偏った意見」

たとえば常識的に考えて「暴言や愚痴」を発信する人は、自分も言われそうで関わりたくないですね。めっちゃ神経使いそう。笑

副業であってもWebライターはきちんとした仕事なので、一緒にやりたいと思われるような信頼感のある発信を心がけましょうね!

ブログは作るべき?初心者Webライターに聞かれる質問7個

初心者Webライターに聞かれる質問

初心者Webライターの方によく聞かれる質問をピックアップしました!

編集長として何十人もWebライターの育成に関わってきた中でも、やっぱり稼げるようになってくれるのが1番嬉しいので、まだブログをやるか迷っている方は、以下の質問と回答を参考にしてみてくださいね!

初心者Webライターに聞かれる質問
  1. 無料のはてなブログとかでもいいの?
  2. 仕事で書いた記事はブログで紹介してもいいの?
  3. ブログって本当に収益化できるの?
  4. 提案する時にブログのURLを送ればいいの?
  5. ブログってバズる系の面白記事でもいいの?
  6. ポートフォリオ必須案件はブログがあれば申し込んでいいの?
  7. 書いたブログ記事はクラウドソーシングのプロフに貼るの?

質問1:無料のはてなブログとかでもいいの?

ブログって色々あるけど、無料のはてなブログとかでもいいの?
Webライターにオススメなのは、断然WordPressです。

クニトミ

なぜなら、WordPressの方がWebライターにとってメリットが多いからですね。

WordPressを利用するメリット
  • WordPressのスキルが身につく
  • 自由度が圧倒的に高いのでブランディングしやすい
  • 圧倒的に収益化しやすい
  • SEO・Webマーケスキル実践しやすい

実際、はてなブログでブログデビューした人の中には、「WordPressにしておけば良かった!」っていう方が多いですよ。

はてなブログを使っているクライアントはいませんし、非常に収益化しづらいのでWordPressがオススメです!

WordPressブログの始め方を初心者に79枚の画像で教える!アフィリエイトで稼ぐ!

質問2:仕事で書いた記事はブログで紹介してもいいの?

仕事で書いたやつも活用したいな。

仕事で書いた記事は、ブログで紹介してもいいんでしょうか?

まずはクライアントに確認しましょう!!

クニトミ

勝手に「この記事は自分が書きました!」みたいな告知をしてしまうと、契約上のトラブルになる可能性があるので。

自分の名義が記載されている記事は、問題ないケースが多いはずですが、記名なしの記事はNGな可能性が高いでしょうね。

不要なトラブルを招かないためにも、クライアントに確認するのは大切なマナーですね!

質問3:ブログって本当に収益化できるの?

ブログでも稼ぎたいけどなんか難しそう。ブログって本当に収益化できるんですか?
ブログの収益化は可能です!


なぜなら、僕自身がたったの1年でブログ月収200万円を達成したからですね。


なおブログ収益化に重要になるのは、以下の2点です。

クニトミ

  • ライティングスキル
  • Webマーケティングスキル

WebライティングスキルとWebマーケティングスキルを身につけ、戦略を立てて運営すれば月20〜30万円くらいは稼げるようになりますよ。

そしてブログ運営は、上記2つのスキルが身につくのでオススメしているわけですね。

質問4:提案する時にブログURLを送っていいの?

「ポートフォリオ送って」って書いてあるけど、ブログURLを送ればいいんですか?
仕事に応募する際に、ブログ記事のURLを送ればOKです!

クニトミ

なお提案文を贈る際には、「守秘義務の関係で仕事で書いた記事はお見せできないので、自分のブログ記事を送らせて頂きます。」とコメントを添えておくとなおよしですね。

ポートフォリオがあるとないでは、受注率が雲泥の差になるので、どんどん送りましょうね。

質問5:バズる系の面白記事を書いてもいいの?

「オモシロイ系」の記事をブログで書きたいんですが、どうでしょうか?
基本的にはSEOを意識した記事で執筆することをオススメします。

クニトミ

理由としてはクラウドソーシングで受けられる仕事は、大半が検索エンジン流入を目的とした記事の執筆だからですね。

SNSでバズるようなオモシロイ記事がNGなわけではありませんが、仕事につながりにくいのは間違いないですね!

しかも、ものすごく高品質な記事でもなければ、面白コンテンツの収益化は困難を極めますよ。

ブログというと面白コンテンツを想像する方もいますが、基本は仕事で受けるのと同じSEO記事を執筆しましょうね。

質問6:ポートフォリオ必須案件はブログあれば申し込んでいいの?

「ポートフォリオ必須」って書いてあると尻込みします。

本当にブログがあれば申し込んでいいんですか?

「ブログ記事NG」など書かれていなければ、全然OKです!

クニトミ

そもそもポートフォリオとは、実績・力量がわかる作品集を意味します。

なのでポートフォリオと言っても、明確に決まった形式があるわけではないので、普通にブログで大丈夫ですよ。

紙媒体の界隈だと、「どのようなメディアで書いていたか?どのくらい反響があったか?」など細かく見られるみたいですが、Webでは実力がわかれば余裕でOKです!

質問7:書いたブログ記事はクラウドソーシングのプロフに貼ったほうがいい?

ブログ書いたけど活用方法がわからない。

クラウドソーシングのプロフに貼ったほうがいいですか?

ブログで記事を書いたら、クラウドソーシングのポートフォリオにURLを貼り付けましょう。

クニトミ

案件に応募しなくても、ライターアカウントのプロフィールを見て、クライアントからオファーすることも多いからですね。

せっかくブログで記事を書いても、誰にも読まれなかったら意味ないので、必ずクラウドソーシングなどの仕事を獲得するサイトで公表して、あなたを知ってもらうきっかけを増やしていきましょう!

ブログ&Webライターで効率的に収入アップしよう!

ブログ&Webライターで収入アップしよう

ご紹介した『ブログを作成すべき理由』を理解して、 『Webライター向けのブログのやり方』を実践すれば、Webライティングの収入をアップして稼げるライターになれますよ!

最後に、紹介した内容をおさらいしておきましょう!

クライアント目線のブログをオススメする理由
  • 理由1 実力不明の人に依頼するリスクが高すぎる
  • 理由2 人間性がわからないと依頼しにくい
  • 理由3 ブログがないと本気さを感じられない
元Webライター目線のブログをオススメする理由
  • 理由1 自分の資産を作れるから
  • 理由2 Webライティングがスキルアップするから
  • 理由3 SEO・Webマーケティング知識が深まるから
  • 理由4 WordPressの実践的スキルが身につくから

1時間程度で作れて、収益アップに大きく影響するので、以下の記事を読みながらブログを作成してみてくださいね!

WordPressブログの始め方を初心者に79枚の画像で教える!アフィリエイトで稼ぐ!