『ブログカレッジ』から『副業コンパス』に変更!『副業コンパス』と検索してください!

強みがない銀行員からwebマーケ会社に転職するまで!

クニトミ

元銀行員、今はwebマーケ会社でSEOコンサルしている、クニトミです。

  • 銀行員から転職したいけど、強みってなに?
  • 転職先から見た”銀行員の強み”ってなに?
  • 強み以外に、銀行員が転職を成功させるコツはなに?

と疑問に思っている方の悩みを解決できる記事になっています。


強みのない銀行員からWebマーケ会社に転職した僕が『転職先から見た銀行員の強み・強み以外に転職を成功させるコツ』について解説します!

転職先の企業から見た銀行員の強みは3つです!

僕は転職活動をする前に真っ先に思い浮かんだ疑問は『銀行員の強みってなに?』でした。銀行員として得た『知識、スキル、キャリア』は”出世”の役にしか立ちません。


具体的には『膨大な事務手続き、記録書や稟議書の書き方、コンプライアンス知識、膨大な資格取得』などですね。


3〜5年勤めていても『エクセル、ワード、パワポが全く使えない、営業力もない』人がほとんどだと思います。


ただ、転職先の企業から見ると実は『僕たち銀行員が気づいていない部分を強みと感じている』みたいです。


そこで、僕が実際に転職先の企業から聞いた『銀行員の強み』を以下で紹介します!

転職先から見た銀行員の強み1:銀行員ブランドが利用できる!

銀行員ブランドが利用できるとは『高学歴、勤勉、コンプライアンス理解、マナー等の社会人の基礎力がある』人材であるアピールができるということです!


高学歴の学生の中から、高倍率の面接をくぐり抜け、新卒で入社した人材っていうだけでかなり評価は高いです。


また、定められた期限内での膨大な資格取得は『スケジュール管理力』があることを証明し、銀行での研修は『社会人基礎力が徹底的に叩き込まれる研修』という印象があるようです。


実際に、僕が転職時に面接を受けていた面接官の方からも『銀行に入るの大変だったでしょう?』『よくそんなに資格を取れたね。笑』『話し方が丁寧だね』など言われました。

転職先から見た銀行員の強み2:ストレス耐性が強い

最大の強みは『ストレス耐性』だと思います。


『毎日の過酷なノルマ、資格取得のための勉強の日々、ドロドロの人間関係、必要以上の上下関係』などあげたらきりがないです。


僕が面接を受けた面接官の方も『僕の友達にも銀行員はいたけど、ストレスは凄そうだったな!笑』と言っていました。笑


面接時にアピールする強みというよりは、転職先の企業が勝手に『ストレス耐性ありそう!』と思ってくれます。

転職先から見た銀行員の強み3:仕事が丁寧

銀行員だと当たり前と思ってしていた仕事が、転職先の企業からは『丁寧だね!』と言われることがあります。


銀行員時代は、事務手続きでは絶対に1つもミスできないという状況で仕事をしていました。そのため自然と全ての仕事において丁寧に作業をするクセが身についていたのかも知れません。


銀行以上にミスが許されない業界は他にないはずです。そのため、転職先の企業から見た強みとして『銀行員は仕事が丁寧』があります。


以上で転職先から見た銀行員の強みを3つ紹介しました。


しかし、僕はそもそも『銀行員の転職が成功するのに、強みは必要ない!』と考えています。以下で解説します。

銀行員の転職成功のために『強み』は必要ない!

転職先から見た銀行員の強みを紹介しておいて、『そもそも、強みは必要ないです。』と言ってしまいスイマセン。笑


正確には、『”銀行員時代に手に入れた強み”は別に必要ないです!』という意味です。


実際に僕は面接で『銀行員時代に手に入れた強み』は聞かれませんでした。たった2〜3年しか銀行で働いていないので、転職先の企業もそんなことは理解しています。


本当に重要なのは『強み』ではなく『転職する時期』です。以下で解説します。

銀行員の転職で重要なのは『強み』ではなく『転職時期』だ!

重要なのは『強み』ではなく、以下2つの時期を考えることが非常に重要です。

2つの時期が大切
  • 転職時の世界の景気、転職市場の景気
  • 転職時の年齢

1:転職時の世界の景気、転職市場の景気

『景気がいい時期』に転職をすることが非常に重要です。


なぜならば、景気が悪いと転職先の求人件数が少なくなり、あなたに合う求人(転職先)がなくなってしまうからです。


例えば、リーマンショック時の就職氷河期を経験した先輩の就職活動を聞いたことがある人はイメージできると思います。


『面接を100社受けてやっと1社から内定がもらえた。行きたい企業ではないけど、他にあてもないから就職する』といった人は非常に多かったようです。


つまり、景気が悪い時期には、企業は人材を雇えず、転職活動ができないということになります。

景気の良し、悪しは転職エージェントに相談しよう!

  • 『転職市場の景気がいい時期はいつかな?』
  • 『求人件数が多い時期っていつかな?』
  • 『転職活動を成功させるには、強み以外に何が重要なのかな?』

と疑問に思っている銀行員は、転職エージェントに相談することをオススメします。


理由は、転職エージェントは常に転職市場を把握しており、『今が転職時期に適しているか、適していないか』も即座に判断することができるからです。


僕たち銀行員は経済の景気は判断できますが、『転職市場において、どの業界は積極的に採用を行い、どの業界は採用を控えているのか』などは判断できません。


だからこそ、転職のプロである
転職エージェントにまずは相談することをオススメします。


※『転職エージェントって何?』と疑問の方は下記の記事を読んで理解度を深めましょう。3分ほどで読めます。

転職エージェントとは?転職を始める人にチョー優しく解説する!

転職時の年齢

転職時の年齢は非常に重要です。


上記で『銀行員ブランドを強みとして利用しよう!』と紹介しましたが、この銀行員ブランドが強みとして使えるのは第二新卒までです。


※第二新卒とは一般的に26歳以下のことを指します。ただし、
業界によって第二新卒の定義は異なるよう。

銀行員ブランドが強みとして使えるのは第二新卒(26歳)まで!

これは僕が実際に転職エージェントの方から言われたことです。『26歳以下なら、転職先からめっちゃ歓迎されますよ!』


26歳以下の銀行員は、『同年代の社会人よりビジネスマナーが備わっており、育成が楽』「その一方で、銀行員経験が少ないため、社風になじみやすい」ため、第二新卒の枠で有利に採用されやすいようです!


転職で成功したいなら、26歳以下の人は『銀行員ブランド』を強みとして利用してください!

逆に30歳以上の銀行員は転職活動は厳しい!

30歳以上の銀行員になると転職活動はかなり厳しいと思います。理由は、長年勤めていても、銀行内部で通用するスキルしか身につかないからです。


『稟議書を書くのが詳しい、銀行内部の事務手続きやルールに詳しい、金融業界のコンプライアンスを把握してるなど』くらいで、『ワード、エクセル、パワポ』は使えない人がほとんどです。


そのため『金融業界以外』に転職したい銀行員の方は、30歳以下で転職することを強くオススメします!

まとめ:銀行員の転職で重要なのは『強み』ではなく『転職時期』だ!

銀行員の転職で重要なのは、『強み』ではなく『転職時期』です!だからこそ、転職のプロである転職エージェントを素直に頼ることが重要だと考えています。


ただ、その一方で『転職活動で色々調べるのはダルいな〜』という気持ちもわかります。笑


そのため、転職エージェントを実際に利用した僕が以下の内容について記事にまとめました!

  • 転職エージェントとは?転職サイトと何が違うの?
  • 転職エージェントを利用する場合、どんなメリット・デメリットがある?
  • 利用した方がいい人とは?

『銀行員からいつか転職したい!』という方は読んでみてください。

銀行員から転職に成功した僕が教える!20代銀行員の具体的な転職先

強みのない銀行員から転職したいけど『まだいいや』という方へ!

『銀行員から転職したいけど、何かしらの理由があってもう少し働き続けたい!』と思っている方へ!


もし『いつでも銀行員を辞めて、転職できるように準備はしたい!』と思ってるなら、副業でブログをするのもオススメです。


僕は銀行員時代に、いつでも銀行員を辞めて転職活動に専念するためにブログで収入を得ていました。


実は銀行員がブログをやるとメリットがめちゃくちゃありますので、下記の記事で解説しますね。

副業したい銀行員(メガバンク)はブログで稼ぐべき3つの理由!