『ブログで書くことない』は嘘です!解決策はキーワードから逆算!

『ブログで書くことない』は嘘です!解決策はキーワードから逆算

クニトミ

前職は三井住友信託銀行、現在はwebマーケ会社でメディアの編集長を勤めてます。

  • Twitter:フォロワー数5.5万
  • ブログ収入:月500万

悩んでる人

  • ブログのネタが思いつかない…
  • どうすれば書くことが思いつくの?
  • 効率よくブログを書く手順は?

こんな悩みを解決できます!


この記事で解説する『キーワードから逆算して、ネタを探す方法』を実践すれば、ネタ切れで悩むことはなくなり、すぐに記事の執筆に取りかかれますよ!


実際に上記の方法を実践したことで、副業コンパスは200記事以上書いてますし、僕が務めるWebマーケ会社では400記事以上を書いてます。


今までネタ切れで悩んだことは1度もありません
し、今後も絶対にネタ切れで困らないと断言できます。


そして僕だけではなく、以下のブロガーたちも数年間ブログを運営しておりますが、一度もネタには困らずに記事を書いていました。

  • マナブログ :6年間で、1000記事ほど
  • Tsuzukiブログ:2年間で、200記事ほど
  • NOJIブログ:1年間で、170記事ほど

記事の前半では『キーワードから逆算とは?の定義』を解説し、後半では『具体的なやり方』を紹介しますね!

キーワードから逆算とは?

各検索キーワードの検索ボリュームを調べて洗い出し、そのキーワードから逆算して記事を書く

上記の通りでして、僕は『一つひとつのキーワード』に対して、『そのキーワードを検索するユーザーはどんなニーズを抱えているのかな?』と考えて記事を書いています。


大手メディアも、個人ブロガーとして活躍する人も、みんなこのように『キーワードから逆算』して記事を書いていますよ!


以下では、キーワードから逆算して考えるべき理由について解説します。

キーワードから逆算すべき理由2つ

キーワードから逆算すべき理由2つ

以下では、キーワードから逆算して記事を書くべき理由を2つ紹介します。

逆算して記事を書く理由2つ
  1. ネタに困らないから
  2. 記事を多くの人に読んでもらえるから

理由1:ネタに困らないから

1つ目の理由は、ブログを探すネタに困らないから。


以下のようにキーワードを管理してるのですが、、


『ブログ』に関するキーワードだけでも1000キーワード(=1000記事分)
はあります。笑

そして『今日はこのキーワードに関する記事を書こう』と選ぶので、一生ブログネタには困らないといった感じ。


ブログネタには一度も困ったことないです。

理由2:記事を多くの人に読んでもらえるから

キーワードから逆算して記事を書けば、多くの人に記事を読んでもらえる可能性があります。


以下の画像にある『月間検索数』とは『1ヶ月間で、Googleを使用するユーザーが検索する数』のことですね。

具体例

ブログ おすすめ:1ヶ月間で31,000回ほど検索される
ブログ 開設 おすすめ:1ヶ月間で1,500回ほど検索される
ブログ 収入 おすすめ:1ヶ月間で600回ほど検索される

つまり『多くの人が悩んで検索するキーワード』であるため、そのキーワードで上位表示されれば、多くの人に読んでもらえるわけですね。


以上2つの理由から、キーワードから逆算して記事を書くべきだと思っています!

ユーザーの悩みを解決するために記事を書こう!

キーワードから逆算して記事を書く際に最も大切なのは『ユーザーの悩みを解決する記事を書く』ですね。


1つ質問があります。。。

質問:ユーザーは、なんのためにGoogleで検索するのでしょうか?

正解は、悩みを解決するためですよね。


ユーザーは常に自分が抱える悩みを解決するためにGoogleで検索を行い、答えを追い求めています。


そして『キーワード』というのは、ユーザーが検索した言葉なんです。

ユーザーは自分の悩みを解決するために、キーワードを入力する

このキーワードを検索してきたユーザーの悩みを解決できる記事を書かなければ、全く需要はないですし、Googelもあなたの記事を検索上位にはしてくれない。


だからこそ、ぼくらは『ユーザーの悩みを解決する記事』を書くべきだし、『キーワードから逆算』してブログのネタを探すべきなんです。

キーワードから逆算して記事を書く5ステップ

キーワードから逆算して記事を書く5ステップ

以下では、僕が実践している『キーワードから逆算して記事を書く方法5ステップ』を解説しますね。

逆算して記事を書く5ステップ
  1. 強みを活かせるキーワードを探す
  2. 細かいキーワードを洗い出す
  3. もう一度細かいキーワードを洗い出す
  4. どんな悩みを持っているか想定する
  5. 悩みを解決できる記事を書く

ステップ1:自分の強みを活かせるキーワードを探す

そもそもユーザーの役に立つ記事を書くには、その領域について詳しい必要があります。


人と同じ内容の記事を書いていても上位表示されないので、まずは自分の強みを活かせるキーワードを洗い出しましょう!


以下の切り口でキーワード(ジャンル)を洗い出すのがおすすめ!

  • 働いたことのある領域
  • 1年以上続けたことのある趣味・好きなこと
  • 人よりも詳しく記事を書ける自信がある領域
  • オタク並みに詳しい領域
  • 変わった経験をしたことがある領域

僕を具体例に紹介しますね。

具体例:銀行員×Webマーケ会社

僕は以下のようにして、詳しく記事が書けそうなキーワードを洗い出しました。

  • 銀行員:銀行員、投資全般、税金、相続、遺言など
  • Webマーケター:SEO、ブログ運営、SNS運用など
  • 趣味:日本一周、一眼レフ撮影、副業全般に興味があった

こんな感じで『このジャンルなら他の人より詳しく書けるな〜』というキーワードを洗い出し、この中でもさらに負けなさそうなキーワードを選んでブログの方向性を定めて行くのがオススメ!


その結果、『銀行員、ブログ運営、副業』のジャンルに絞って今まで記事を書いてきました!

ステップ2:細かいキーワードを洗い出す

次にキーワード(ジャンル)を選んだら、細かいキーワードを洗い出して行きましょう!


たとえば『ブログ』というキーワードで記事を書くとしましょう。


実際に、キーワードプランナーというツールを使って、『ブログに関するキーワードで、ユーザーはどのようにして色々と検索しているのか?』を調べてみました!

『ブログ おすすめ』『ブログ アフィリエイト』・・・『ブログ 書く』などなど。


これらすべてのキーワードが『ネタ』になるわけです。


『キーワードプランナーってなに?』『もう少しキーワードの洗い出しについて詳しく知りたい!』という方は、下記を参考にどうぞ。

ブログキーワードの選定方法とキーワードプランナーの使い方を解説

ステップ3:もう1回細かいキーワードを洗い出す

今回は『ブログ 書く』というキーワードを選んだとしましょう!


ここでポイントなのは、『もう1回、細かいキーワードを洗い出すこと』ですね。


なぜなら月間検索数が『100〜200くらい』だと競合も少なく、記事も検索上位に出やすい傾向にあるから。


実際に、『ブログ 書く』に含まれるキーワードを調べてみました!

そして今回ぼくは、『ブログ 書くことない』を選択して、記事を書いているわけです。


今あなたが読んでいるこの記事こそが、『ブログ 書くことない』のキーワードから逆算して書いた記事ということになります。

ステップ4:どんな悩みを持っているか想定する

次にやるべきことは、『キーワードを検索したユーザーの悩みを想定すること』です。


ユーザーの悩みを想定してはじめて記事を書き進めることができるので。


とはいえ、この記事で解説すると長くなってしまうので、以下を参考にどうぞ。

ブログをたった2ヶ月で月10万PVアクセスアップさせた方法は1つ

ステップ5:悩みを解決できる記事を書く

悩みを想定したら、あとは記事を書くだけ。


と言っても、『記事の作り方がいまいちわからない』って方も多いんじゃないですかね?


以下では、僕が本業のWebマーケ会社で実際に行なっている記事作りの手順を解説しているので、ぜひ真似してくださいね!

たった10記事で200万PV達成したブログの書き方10ステップ たった10記事で200万PV達成したブログの書き方10ステップ

『書きたいことではなく、書くべきこと』を書こう!

『書きたいことではなく、書くべきこと』を書こう!

  • 書きたいこと:誰の役にも立たない日記のような記事
  • 書くべきこと:誰かの役に立つ記事

結局、仕事も同じですよね?


誰の役にも立たない仕事に、お客様はお金を払わない。


僕らがお金を払うサービス・商品は、いつも誰かの役に立っています。


ブログ記事も同じです。


『役に立つ記事』を書いたら、多くのユーザーが読んでくれるようになり、その結果お金を稼げるようになります。


ぜひ『Web上に存在する、どんな記事よりも分かりやすい解決策を提示する記事』を書いてくださいね!


応援しております。