120%の記事を投稿できる!ワードプレスブログの書き方8ステップ

ワードプレスブログの書き方

クニトミ

前職は三井住友信託銀行、現在はwebマーケ会社でメディアの編集長を勤めてます。

  • Twitter:フォロワー数5.2万
  • ブログ収入:月500万

悩んでる人

  • ワードプレスブログの書き方は?
  • ワードプレスの操作方法を知りたい!
  • 何をどこまでやればいいのか全手順を知りたい!

以上の悩みを解決できる記事を作成いたしました!


ご紹介する「ワードプレスブログの書き方」「記事を投稿するステップ」を実践すれば、完成度120%のブログ記事を作成できますよ!


まずは「WordPress投稿に関する基礎知識3つ」から説明してきますね!


「すぐにワードプレスでの書き方を知りたい!」という方は、ワードプレスブログの書き方8ステップから読んでください!

目次

WordPress投稿とは?基礎知識3つ

WordPress投稿とは?

ワードプレスの「投稿」とは、ブログ記事として利用できる機能を意味します。


副業コンパス(当サイト)では、トップページに並んでいる項目を、全て投稿で作っている感じです。

なお以下では、書き方に入る前の基礎知識を3つ解説していきます。


理解すれば操作方法もすんなり覚えられるはずなので、ひとつずつチェックしてみてくださいね!

ワードプレスの基礎知識3つ
  1. 投稿ページと固定ページの違いについて
  2. クラシックエディターとブロックエディターについて
  3. 記事内容の事前準備について(ドキュメント推奨)

1:投稿ページと固定ページの違い

投稿ページと固定ページの違いは、以下の通りですね!

  • 投稿ページ:ブログ記事などに使われる「文章コンテンツ」用のページ(機能)
  • 固定ページ:単体として独立しているページ(機能)、トップページ、カテゴリー、プロフィール、お問い合わせ、LPなど

【投稿ページ】

投稿ページはこの記事のように、文章コンテンツとして利用できるページですね。

【固定ページ】

固定ページとは、カテゴリーページやお問い合わせなど、ページ単体で完結しているコンテンツに使われるページです。

本記事では「書き方」にフォーカスしているため、基本的に「投稿ページ」の操作方法について紹介していきますね!

2:クラシックエディタとブロックエディタ

ワードプレスの記事作成画面(エディター)は、以下2つの種類があります。

・クラシックエディター:旧式のエディター

・ブロックエディター:2018年12月リリースのWordPressバージョン5.0以降は標準装備

基本的に初期設定では、ブロックエディターが実装されている状態になりますね。


ですが「ブロックエディター」は若干使いにくいので、本記事では「クラシックエディター」での書き方を紹介していきます!

クラシックエディターに変更する方法

初期状態でブロックエディターになっている方は、まず「クラシックエディター」に変更する作業を行いましょう。

まず管理画面で、メニューバーから「プラグイン」→「新規追加」と選択します。

そして、「Classic Editor」から「今すぐインストール」を選びます。

その後「有効化」をクリックすれば、投稿画面がクラシックエディターに切り替わります!


1分もかからず簡単にできるので、ぜひ変更してみてくださいね!

3:記事内容の事前準備について

ブログ記事はワードプレスで直接書くのではなく、事前にグーグルドキュメントやワード(Windows)で執筆しておきましょう。


なぜなら高品質な記事を書くためには、ペルソナやデモグラフィックの設定など、さまざまな下準備が必要になるからです。

またワードなどの執筆ツールと違って、ワードプレス画面は「文章全体のレイアウト」が見にくいため、全体像を見づらい感じでして。


なので執筆作業に慣れるまでは、他の執筆用ツールで作成して、完了してからコピペで写すのがオススメです!

クニトミ

もちろん記事作成に慣れてきたら、直接入稿でも問題ないですよ!

【基本操作】ワードプレスブログの書き方8ステップ

ワードプレスブログの書き方

さっそくワードプレスブログの書き方(基本操作)を8ステップで説明していきますね。


副業コンパス(当サイト)で使っている手順と同じなので、「具体的な手順を知りたい!」という方は、ぜひ実践してみてください!

ワードプレスの基本操作8ステップ
  1. 投稿ページを作成する
  2. 公開表示の設定をする
  3. 本文を入力・編集する
  4. 見出しを設定する
  5. 箇条書きを設定する
  6. 装飾を挿入する
  7. 本文を装飾する
  8. 画像を挿入する

1:投稿ページを作成する

ステップ1では、まず「投稿ページ」を作成しましょう。


投稿の追加は、上記のように管理画面から→「投稿」→「投稿一覧」とクリックします。

そして「新規投稿」をクリックすれば、以下のように「投稿ページの編集画面」に切り替わりますね。(「投稿」→「新規追加」でも同様)

上記画面で記事編集を行うので、このままステップ2へ進んでください!

クイック編集について

「投稿一覧」の画面では、以下のように「クイック編集」という機能が付いています。

「タイトル変更」「投稿日時変更」「カテゴリー設定」など、簡単な変更作業ができるので、記事を修正する際なんかに使う感じですね!

既存記事の編集作業について

  • 編集する場合:該当記事の「編集」をクリックして作業できます。
  • 削除する場合:該当記事の「ゴミ箱」をクリックすれば、削除完了です。

2:公開表示の設定をする

ステップ2では、「公開表示の設定」を変更していきます。


初期状態で作業内容を保存すると、そのまま「公開(投稿)」されてしまうため、まず「非公開」に変更して作業する必要があるんです。

「公開状態:公開」の右側の「編集」をクリックします。

そして「非公開」にチェックをつけて「OK」とクリックすれば、右側の「公開」が「更新」に変わりますね!

上記の状態になれば、記事を「更新(保存)」しても公開されなくなり、安心して編集作業を進められますよ!

3:本文を入力・編集する

記事を「非公開」に変更したら、さっそく「本文の入力・編集作業」に入ります。


なお本文執筆では、以下操作を理解しておくとよいかと。(文字装飾とかは後述します。)

  • 文字入力:普通にPC入力でOK
  • 改行(1行):enterキー
  • 改行(反行):shiftキー+Enter
  • 文字サイズ変更:基本的に変更なしでOK
  • 書体変更:基本的に変更なしでOK
  • 編集:作業内容を「元に戻す」「やり直す」など、修正に使います。

まずは事前に用意したブログ本文を、「ビジュアルエディター」の上記入力欄にコピペしましょう!

もし上記みたいに文章が詰まっている場合には、改行(1行ずつでOK)して行間を整えていきます!


上記のように行間の調整が終わったら、見出し作成作業に移るので、このままステップ3へ進んでくださいね!

ビジュアルエディターとテキストエディターの違い

ビジアルエディターとテキストエディターの違いは、以下の通りですね。

  • ビジュアルエディター:基本的に文章入力する画面。自動的にHTML(プログラミング言語)が入ってWeb用に最適化してくれる。
  • テキストエディター:上記の作業を「手作業」でやる画面、HTMLを入力する際に使う。初心者は使わなくてOK。

サイト運営初心者は、基本的に「ビジュアルエディター」だけ使えればまったく問題ありません!


「テキストエディター」は、いじるのにHTML知識が必要になるので、基本触らなくてOKです!

4:見出しを設定する

ステップ4では、大見出しや中見出しなど、「見出し」を設定していきましょう。

見出しの種類
  • 見出し2:大見出し(h2)
  • 見出し3:中見出し(h3)
  • 見出し4:小見出し(h4)
  • 見出し5以降:基本使わなくてOK。
  • 段落:本文のこと

上画像のように「見出し文」を選択して、「段落」→「見出し(2〜4)」を選択する手順となります。

上記のようになればOKなので、そのまま画面を下にスクロールして、全ての見出し(h2〜h4)を作成しましょう。


全ての見出しを設定できたら、ステップ5へ進んでくださいね!

見出しのデザインについて

見出しのデザインは、テーマによっても異なります。各デザインは、管理画面の「外観」→「カスタマイズ」で変更できますよ!

5:箇条書きを設定する

ステップ5では、過剰書きを設定していきましょう。(箇条書きがない人は飛ばしてOK)

以下のように該当箇所を選択して、①か②の箇条書きをクリックします。

  • ①番号なしリスト:「・」で箇条書きにする時に使う。
  • ②番号つきリスト:「1.2.3.4」など数字でリスト化する時に使う

上記画像のように「・」か「数字」がつけばOKです!

6:装飾を挿入する

ステップ6では、装飾機能を使って記事を見やすくしていきます。


なお基本的には、以下の装飾機能を覚えておくとよいですね。

  • ボックス
  • ボタン
  • 会話アイコン

テーマやプラグインによって違うんですが、エディター部分に装飾機能が用意されているはずですよ!

たとえばボックスをつける場合、上記のように該当する文章を選択して、希望のボックススタイルをクリックする手順です!

上記のようにコードが挿入されれば、ボックスが反映されているはずです!


装飾関連は好みで決めちゃってOKなので、好きなように設定してください!

装飾機能に関する注意点

CocoonやAFFINGER5など、テーマによって手順が違うので、使っているテーマを確認しておきましょう。

7:本文を装飾する

ステップ7では、本文を装飾して文章を見やすくしましょう。


なお本文には、以下の装飾を使うのがオススメですね!

  • 黒太文字:該当文章を選択して、①をクリックすればOK
  • 赤太文字①をクリック、②で赤を選択
  • マーカー該当箇所を選択して、エディターからマーカー機能を選ぶ

主に重要な文章をマークアップするんですが、多すぎても少なすぎても微妙なので、適度なバランスを心がけましょう!

8:画像を挿入する

装飾が終わったら、画像を挿入して記事を完成させましょう。


まず画像を用意する必要があるので、どこで入手できるかわからない方は、以下記事で「画像を用意する方法」を確認してください!

オシャレな画像が見つかる!フリー(無料)画像サイトのオススメ6つ 10秒で分かる!自分に合うおすすめフリー画像・写真素材サイト8選

なおブログ記事で使う画像は、2種類に分かれるので、それぞれわけて紹介していきますね!

ブログ記事で使う画像2種類
  1. アイキャッチ画像:投稿ページのタイトル直下or直上に表示される画像。1記事で1枚のみ
  2. 見出し画像:見出し2(h2)のタイトル下に挿入する。多いとしつこいのでh2のみがオススメ。

1.アイキャッチ画像

アイキャッチ画像とは、投稿ページのタイトル直下or直上に表示される「1番目立つ画像」のことを意味します。

アイキャッチを挿入する際には、エディター画面右側にある「アイキャッチ画像を設定」をクリックします。

そして「ファイルをアップロード」をクリックして、画像をアップロードします。

その後「メディアライブラリ」に戻って、画像を選択して「アイキャッチ画像を設定」をクリックすれば完了です!

上記のように「読者が最初に見る部分」なので、記事のイメージにあった画像を使いましょうね!

2.見出し画像

見出し画像とは、大見出し(h2)の下に挿入する画像のことを意味します。


見出し画像を挿入する際には、画面上部の「メディアを追加」をクリックします。

 

 

そして以下の画面に切り替わりますね。

 

「ファイルをアップロード」して、見出しに使う画像を選択して「投稿に挿入」をクリックします。

上記のように画像が挿入されればOKですね!


なお画像を使うやり方やルールは、以下記事で詳しく説明しているので、合わせてチェックしてみてください!

ブログ画像の全知識とオススメサイト 自分のブログに合う画像が見つかる!無料・有料の画像サイト5選

【最終調整】ワードプレスで記事を投稿する6ステップ

記事を投稿する6ステップ

以下では、「ワードプレスブログで記事投稿する前の調整作業」を6ステップで紹介していきます。


手順通り進めれば完成度120%で投稿できるので、「クオリティの高い記事を作りたい!」という方は、ぜひ実践してくださいね!

記事を投稿する6ステップ
  1. タイトルを設定する
  2. カテゴリーを設定する
  3. URL(パーマリンク)を設定する
  4. メタディスクリプションを設定する
  5. 公開表示を「投稿」に変更する
  6. インデックス登録をリクエストする

1:タイトルを設定する

最終調整のステップ1では、記事タイトルを設定します。


なお記事タイトルは、Google検索結果に表示される文字数「32文字以内」で作成しましょう。


上記画像のように、文字数を確認しながら入力できるので、調整しながら設定してみてください。


もしタイトルのつけ方がわからない方は、以下記事で解説しているので、是非読んでみてくださいね!

ブログ業界も騒然!4倍以上のクリック率を生むタイトルの決め方!

2:カテゴリーを設定する

タイトルを付けたら、カテゴリーを設定していきます。

なおカテゴリーは、該当する内容1つだけにチェックを付けましょう。(複数NG)


検索結果にも影響する重要なことなので、忘れないように作業に組み込んでおきましょうね。

カテゴリーの作成方法

ワードプレスブログを始めたばかりの方は、カテゴリーが存在しないため、カテゴリー作成作業を行う必要があります。


なおカテゴリーの作成手順は、以下の通りです!

  • 1.管理画面の「投稿」から「カテゴリー」を選択する。
  • 2.カテゴリーの名前やURLなど、各情報を設定する。
  • 3.「新規カテゴリーを追加」をクリックする。

たとえば僕だったら、カテゴリーを「ブログ」「副業」「転職」みたいに設定するイメージです。


カテゴリー設定は検索結果にも影響するので、必ず事前に作成しておきましょうね!

3:URL(パーマリンク)を設定する

ステップ3では、URL(パーマリンク)を設定しましょう。

上記画像の赤枠部分に記事のURLを入力することになります。


なおURLは、以下の様に「狙っている検索キーワード」を英語入力すればOKです!

  • ワードプレス 書き方:wordpress-howto-write
  • 副業 おすすめ:side-job-recommended
  • カメラ おすすめ:camera-recommended

記号は使えない文字が多いので、「-(ハイフン」)のみにしておきましょうね。

パーマリンク入力で使える文字

半角英数字(大文字もOK)、- _ . ~

4:メタディスクリプションを設定する

メタディスクリプションとは、上記の「検索結果」に表示される概要文のことです。

メタディスクリプション入力欄は、本文欄をずーーっと下にスクロールすると出てきますよ!(All in One SEOを入れている方は、「説明」って場所です。)


なおメタディスクリプションは、PC検索結果に表示される上限「120文字以内」でまとめましょう。


以下で詳しい書き方を紹介しているので、合わせて確認してみてくださいね!

メタディスクリプションの正しい書き方4つと最適な文字数を解説!

5:公開表示を「投稿」に変更する

メタディスクリプションの設定が終わったら、いよいよ記事を公開していきます!

上記公開状態から「編集」をクリックして、「公開」に変更します。

上記のようにボタンが切り替わったら、「公開」をクリックすれば、記事が投稿されます!


すぐに記事が公開されるので、必ず「ミスや作業漏れがないか」をチェックしてからクリックしましょう!

6:インデックス登録をリクエストする

ステップ6では、「グーグルサーチコンソール」でGoogle検索結果に載せてもらう作業を行います。


グーグルサーチコンソールとは、記事のクリック数や掲載順位などを確認できる無料ツールのことですね。

サーチコンソールを開いたら、上記赤枠に「記事URL」を入力します。

そして、上記画面に切り替わったら「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

そしてしばらく待つと、「インデックス登録をリクエスト済み」と出るので、OKをクリックすれば完了ですね!


まだサーチコンソールの設定をしていない方は、以下記事を読みながら手続きしてみてくださいね。

サーチコンソールとは?『サーチコンソールの設定方法』も優しく解説

【応用操作】ワードプレスブログの応用操作5つ

ワードプレスブログの応用操作

以下では、ワードプレスブログの応用操作を5つ紹介していきますね!


よりワードプレスを使いこなしたい方は、ひとつずつ確認してみてください!

ワードプレスブログの応用操作
  1. 内部リンクを設定する
  2. 引用タグをつける
  3. ツイートを挿入する
  4. 投稿ページにパスワードを設定する
  5. プラグインでツールバーを使いやすくする

1:内部リンクを設定する

内部リンクとは、「ブログ内の別記事に誘導するリンク」のことを意味します。

上記のカード型は、以下のような流れで設定できますよ。(ブログテーマによって手順が違います。)

  • 1.「関連記事を出力する」を選択
  • 2.「各記事の番号」を入力する

なお各記事の番号は、飛ばしたい記事の編集画面を開いて、URL内の「post=〇〇」と書いてあるやつです!

テーマによって違うので、使っているテーマのやり方を調べてみてくださいね!

各テーマでの内部リンクのやり方
  • JIN:飛ばしたい記事URLをそのまま記事にコピペすればOK
  • AFFINGER5:「カード」をクリック、投稿一覧画面で見れる記事「ID」を「カード」のコードに加筆

2:引用タグをつける

上記のような感じで、他サイトで掲載されている「画像・文章」を転載する際には、引用タグの入力が必要になります!

まずは該当する文章(画像)をコピペして、すぐ下に引用元がわかるように、「引用元記事名(サイト名):引用(出展)と記入します。

そして「引用元記事名(サイト名)」を選択して、「リンクの挿入」をクリック、引用元記事のURLを入力します。

そして該当箇所全てを選択したら、赤枠の「引用」をクリックします。

上記の様に、マークアップされて引用リンクが付いていればOKです!


引用表記にしないとコピペ記事になっちゃうので、注意してくださいね!

3:ツイートを挿入する

ツイートの挿入は、以下の様に口コミ的に活用できますよ!

まずはツイッターを開いて、掲載したいツイートを開きます。

そしてツイートURLをコピーして、本文欄に入力(ペースト)します!

すると上記の様にカードが生成されて、ツイートが見れるようになりますね!

クニトミ

「SANGO」「AFFINGER5」なら上記方法でOKですが、テーマによってやり方が違います!

4:投稿ページにパスワードを設定する

投稿ページにパスワードを設定する機能は、「有料コンテンツ」や「会員専用ページ」を作る際に使えますよ!

まずは編集画面の公開状態から「編集」をクリックします。

そして「パスワード保護」にチェックをつけて、パスワードを設定すればOKです。

すると上記のように、記事を閲覧する際には、「パスワード」の入力が求められますね!


ブログ初心者には無縁の機能かもですが、必要な方は利用してみてください!

5:プラグインでツールバーを使いやすくする

エディター拡張系プラグインを導入すれば、エディターの機能数が増えて、より多彩な編集が可能になりますよ!


なおエディター拡張系プラグインは、以下がオススメですね。

  • TinyMCE Advanced
  • AddQuicktag

たとえばAddQuicktagは、表や会話アイコンなど、特定のコードを自由に追加できるようになっています。

あると作業効率がまったく違うので、慣れてきたら導入するとよいかと!

ワードプレスブログの書き方に関する質問3つ

ワードプレスブログに関する質問

最後に、「ワードプレスブログの書き方に関する質問」に回答していきます!


初心者によく聞かれる質問をピックアップしたので、ぜひ読み進めてみてください!

ワードプレスに関する質問
  1. 画像はどうやって用意すればいいですか?
  2. そもそも本文ってどんな流れで書くんですか?
  3. アフィイリエイト向けの書き方とかありますか?

1:高品質な画像はどこで入手できるの?

クオリティの高い画像を用意するなら、素材サイト「シャッターストック」を利用するとよいかと!


副業コンパス(当サイト)でも利用していて、シャッターストックには3億点以上もの高品質素材が用意されています。

いい感じの画像を使うだけでも、記事の雰囲気が一気に変わるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

購入前に知りたい!シャッターストックの評判・料金・使い方を解説 購入前に知りたい!シャッターストックの評判・料金・使い方を解説

2:そもそも本文ってどんな流れで書くの?

ブログの書き方は、以下記事で初心者向けにわかりやすく解説しています!


テンプレートを用意してすぐ実践できる内容になっているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

たった1記事で14万人に読まれるブログの書き方テンプレートを紹介

3:アフィリエイト向けの書き方とかあるの?

成約率がアップする書き方とかもありますよ。


ただ書き方だけ覚えても意味がないので、アフィリエイトで稼ぐならまずは理解を深めるのがオススメです。


僕が月500万円以上稼ぐために実践した「アフィリエイトのやり方」を、以下記事で詳しく紹介しているので、ぜひ読んでみてください!

ブログの始め方40ステップ アフィリエイト初心者が0から月5万稼ぐブログの始め方40ステップ

完成度120%にしてブログ記事を投稿しよう!

完成度120%で投稿しよう!

ご紹介した「ワードプレスブログの書き方」「記事を投稿するステップ」を実践すれば、完成度120%のブログ記事を公開できますよ!


最後に、ご紹介した内容をもう一度おさらいしておきましょう。

ワードプレスの書き方8ステップ
  1. 投稿ページを作成する
  2. 公開表示の設定をする
  3. 本文を入力・編集する
  4. 見出しを設定する
  5. 箇条書きを設定する
  6. 装飾を挿入する
  7. 本文を装飾する
  8. 画像を挿入する
記事を投稿する6ステップ
  1. タイトルを設定する
  2. カテゴリーを設定する
  3. URL(パーマリンク)を設定する
  4. メタディスクリプションを設定する
  5. 公開表示を「投稿」に変更する
  6. インデックス登録をリクエストする

もう一度確認しながら投稿作業を進めたい方は、「ワードプレスの書き方8ステップ」へ進んでくださいね!