次回から『副業コンパス』とご検索くださいませ

ブログ収入の仕組み・ブログで収入を得る方法をチョー優しく解説!

クニトミ

前職は三井住友信託銀行で働き、現在はwebマーケ会社で30名ほどが関わるWebメディアの編集長を勤めている、クニトミです。【掲載メディア】週刊SPA!、Yahoo!ニュース、LINEニュース

Twitterアカウント:フォロワー数は26,000人以上

  • どういう仕組み・方法で、ブログ収入を得るのかな?
  • 『ブログ収入=広告収入』とは聞いたことあるけど、イメージができないな

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。


ここで解説する『ブログ収入を得る仕組み・方法』を理解すれば、誰でも簡単に『ブログで稼ぐってそういうことか!』と理解することができます!


なぜならwebマーケ会社で働く僕が初心者向けに解説するからです!


この記事では『ブログで収入を得る仕組み』→『ブログの将来性』の順番で分かりやすく解説します。

ブログで収入を得る仕組みは2種類です!

ブログで収入が得られる仕組みは大きく分けるとたった2種類です!


難しくないので安心してください!

ブログで収入を得る仕組み2つ
  1. ブログで商品を売る
  2. 広告で収入を得る

ブログ収入の仕組み1:ブログで商品を売る

ブログで商品を売る場合は、以下2つのパターンで商品を売ることができます。

  1. 自分で商品を作って売る場合
  2. 企業の商品を代わりに売る場合

自分で商品を作って売る場合

たとえば服を作るのが好きな人は、自分でファッションブランドを立ち上げて、ブログで『服』=『モノ』を売って、読者に売ることができます。


またモノではなく「知識、スキル」を売ることもできます。


僕の場合はwebマーケティングに関する知識が長けているため、個人ブロガー向けへのコンサルティングを行うことで報酬を得ています。


以上のように、『モノ』『知識・スキル』などの商品を売るパターンがあります。

企業の商品・サービスを代わりに売る場合

しかし自分で商品を作ったり、自分の専門的な知識・スキルをいきなり売るのは、初心者(3〜6ヶ月ほど)には難しいです。


そこで、初心者(3〜6ヶ月ほど)のほとんどは企業の商品・サービスを代わりに売って報酬を得ています。


たとえば僕の場合は日本一周をした経験があるので、日本一周で必要だと感じた道具を記事で紹介して売ったりするわけですね。


商品が売れたら、企業から対価として購入額の3〜5%を対価として得ます。

ブログ収入の仕組み2:広告で収入を得る

ブログを始めて1〜3ヶ月くらいの初心者は『広告』で報酬を得る人がほとんどです。


そして、プロブロガーの方も『広告収入』を軸に収入を得ています。


そのため、この記事では『ブログにおける広告収入とは何か?』に焦点を当てて解説しますので、しっかり理解度を深めていきましょう。

ブログ収入の仕組み:広告収入について

アドセンス収益化

以下では『広告収入』=『ネット広告収入』と定義して話を進めていきますので、ご了承ください。


ブログにおける広告収入とは『ある企業があなたのブログに広告を載せ、その対価としてお金を受け取ること』ですね。


よく街中を歩いていると至るところに広告が貼ってありますよね?


その広告を貼る箇所が『街中』ではなく『あなたのブログ』になるイメージです。

例えば『投資系のブログ』をあなたが運営した場合の収入は?

たとえば株や投資信託などについて詳しく書いている『投資系のブログ』をあなたが運営している場合。


ブログには『投資』に興味ある人が集まります。
すると『証券会社など』『投資系のブログ』『株や投資信託に関する広告』を出したいですよね?


『投資系のブログ』
『株や投資信託などの広告』を出す代わりに、対価として『報酬』を受け取るのがブログのビジネスモデルです。

次に『どんな種類があるか?』の理解を深めましょう!

【ブログ広告収入の仕組み】大きく分けて2種類ある!

ブログの広告収入は大きく分けて2つありますので、以下で解説しますね。

広告収入は大きく分けて2つ
  1. クリック報酬型
  2. 成果報酬型

ブログの広告収入1:クリック報酬型

クリック報酬型は、下の画像のようにクリックしてもらうだけ(見てもらうだけ)で報酬がもらえます。


自分のブログに張っておくだけで簡単に報酬を得ることができます!お手軽なやり方ですが、稼げるのは毎月3〜10万未満くらいですね。


毎月10万円以上の収入を得たい人
には『成果報酬型』を利用するやり方をオススメします!

ブログの広告収入2:成果報酬型

成果報酬型は、広告をクリックしてもらい、そこから商品の購入やセービスの申し込みに至った場合に報酬がもらえるやり方です。


たとえば1枚上の画像で説明した広告をクリックすると、下の画面に移動します。

すると赤枠で囲んだ箇所に『.comや.netや.jpなど』『商品』が売られています。


広告をクリックして『この商品』の購入に至った場合に報酬を得られるやり方が『成果報酬型』なんです!


少しハードルは高いように感じますが、
勉強をすれば誰でも成果報酬型で報酬を得られるので安心しましょう!

『広告市場の見通し』=『ブログ収入の見通し』について

今後のネット広告市場の見通しですが、世界では2018年中にネット広告市場がテレビ広告市場を上回る見通しです。


日本では、2018年のネット広告市場が前年比117.9%の1兆4397億円になる見通しで、モバイル広告(スマホ向け)、動画広告が好調のようです!


次に『長期的に見て、この先もブログで報酬を得られるのか?』を正しく理解しましょう!

  • モバイル広告:スマホ向けの広告
  • 動画広告:インスタ、フェイスブック、ツイッターなどのSNSでタイムラインに流れる動画の広告

ネット広告市場(ブログ収入)が伸びる理由は3つ!

  1. 1日の平均スマホ利用時間は年々増加してる
  2. ネット広告は低コスト
  3. ターゲットの選定が明確にできる

1:1日の平均スマホ利用時間は年々増加してる

2018年3月の日本国内の1人あたりの1日のスマホ利用時間は3時間7分で前年より16分増加しており、年々増加傾向にあることが発表されました!


テレビや雑誌を見る時間が減った代わりに『スマホで動画や雑誌を見る時間』が増えたと思いませんか?


つまり企業は、テレビや雑誌ではなく『スマホ』に広告を出したいんです!

2:ネット広告は低コスト

ネット広告の最大の特徴はなんといっても、低コストです!広告次第では入札の単価が1円のもあるくらいです!


テレビ、新聞、ラジオ、雑誌の4大メディアと比較すると、圧倒的に安いです。
そのため、企業も近年コスパのいい『ネット広告』にお金を費やすようになりました。

3:ターゲットの選定が明確にできる

テレビCMで広告を出すと、不特定多数の人がテレビを見ているため、ターゲットを絞って見せることが難しいんです。


しかしネット広告は、グーグルやyahooでキーワードを検索した人に対して『検索したキーワード』に適した広告を打ち出せます。


そのため、『最適な人に、最適なルートで、最適な広告』を打ち出すことができるんです!


以上3つが伸び続ける理由です!

【ブログ収入の仕組み・方法】のまとめ

ブログ収入の仕組み・方法を簡単ではありますが、説明させていただきました!

  • 仕組みは『商品を売る』『広告で収入を得る』の2つ。
  • 広告収入の種類は2つで、『クリック型報酬』と『成果報酬型』
  • ネット広告市場は見通しは明るい

最も主流な仕組みは『広告収入』によって稼ぐやり方です!


初めは完璧に理解をしようとせずに『広告がクリックされると収入が入る仕組みか〜』程度の理解ができれば十分です!


『広く浅くだけど理解はできたな〜』という人は、下の記事で広告収入以外で収入を得る方法を学びましょう!

【ブログ収入を得る方法】を具体的に解説!ブログ初心者必見!