【ブログの書き方】をイケハヤさんから直接教わった!コツ10個!

クニトミ

元銀行員で、今はwebマーケ会社で30名ほどが関わる投資系メディアの編集長を勤めている、クニトミです。

  • ブログの書き方ってどうすればいいの?
  • コツとかあるの?
  • 初心者でも実践できる文章の書き方は?

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。


突然ですが、2018年8月にブログ界の神と呼ばれるイケハヤさん(ブログで年商1.5億、ツイッターのフォロワー20万以上)に会いにいきました!


理由は『イケハヤさんからブログに対するアドバイスをもらいたかったから』です。ただそれだけ。


実際に高知の山奥に行ってイケハヤさんから教わった『読みやすいブログの書き方のコツ10個』をこの記事で紹介します!

ブログの書き方1:『Webの記事は全てが読まれるものではない』という前提を持とう

イケハヤ

『読者はあなたの記事を全て読まない』という前提を持つべきっす

前提として、『あなたの書いた記事』を全部ていねいに読むユーザーはいないです。『あ、読みにくいな。』と少しでも思ったらその記事を読むのをやめます。


基本的にWebの記事は全部が読まれるものではないんです。Webは読むのが疲れる媒体なので、『読者が記事を読みやすいようにする』工夫が必要です。


『誰もあなたの記事を最後まで読んではくれない』
という『前提』を念頭に置いて記事を書いていきましょう!

ブログの書き方2:タイトル・冒頭・見出しで『結論』を言う

イケハヤ

タイトル、冒頭、見出しで結論は言うべきっす。これだけ多くの情報や記事で溢れている世界の中で、あなたの記事に親切に付き合ってくれる読者はいないです。

ほとんどの読者は『何かしらの答え』を求めて記事を読みます。


そのため、『結論』=『何かしらの答え』が記事の最後に書いてあると『どこに結論はあるの?わからないから他のサイトを見よう』と離脱してしまいます。


結論は必ず『タイトル・冒頭・見出し』でしっかり言いましょう!

ブログの書き方3:一文を長くしすぎない

イケハヤ

一文はコンパクトにするべきっす

理由は『短い方が頭に入りやすいから』ですね。例えば、以下2つの文章があったらどちらが読みやすいですか?

僕はスポーツが大好きで10年以上水泳をやっているのですが、同時にテニスも好きでして、テニスも10年以上続けています

僕はスポーツが大好きです。10年以上水泳をやっています。テニスも好きです。テニスも10年以上続けています

少し極端な文章ですが、下の文章の方が読みやすいですよね?文章が短いため、スラスラ頭に入ってきます!


以下2つのポイントを意識して、一文を長くしすぎないようにしましょう!

  • 『、』は一文に1回まで(多くても2回)
  • 『〜が』『〜て』『〜で』の単語はなるべく使わずに文を区切る

ブログの書き方4:まずは「話すように書く」でいい

イケハヤ

まずは『話すように書く』でいいですよ

実際にぼくはブログを書くとき、目の前にいる読者に語るようにして文章を書いています。

話すように書くと、自然と文章にもリズムが出てきます。語尾が揃ってしまうなんてこともなくなります。

まず「質」は置いておいて、話すように言いたいことをバーッと書いてしまうのも手です。

『武器としての書く技術』より引用)

変に書き方を意識すると、自分の思っていることがすんなり出てこなくなります。


まずは『心の中で誰かに語りかけ、それを文字に落とし込む。』という意識で記事を書きましょう!

ブログの書き方5:『〜だと思います』『〜な気がします』は使いすぎない

イケハヤ

弱気な発言は使いすぎないほうがいいっす。

理由は『あなたの言いたいことは、思ったほど相手に届かないから』ですね。


例えば、以下2つの文章だとどっちがあなたの感情を動かしますか?

この記事を読めば、初心者ブロガーの方でも良い記事が書けます

この記事を読めば、初心者ブロガーの方でも良い記事が書ける気がします

僕なら上の文章の方が『この人の記事を読みたい!』って感情になります!


あなたの言いたいことは思ったほど伝わらないです。表現はちょっと強めくらいがちょうどいいですよ。イケハヤさんのブログをみていても、言い切る表現が多いです。

ブログの書き方6:ネットでは改行多めが定番!

イケハヤ

ネットでは改行多めが定番っすよ

理由は簡単です。文章が見にくいと読者が『見にくい記事だ〜』と思い、他の記事に移ってしまう可能性が高いからです。


上の『黄色のマーカで赤字』で書かれた文章は『スマホで読むと3行の文章量』です。


意外に長くないですか?実は、パソコンでは1行なので意外に長いってことに気づかないんですよね。


そのため、初心者はパソコンで記事を書く時は一文毎に改行するべきです。

ブログの書き方7:見出しや太文字を入れよう!

イケハヤ

見出しや太文字を入れるべきっす

見出しは、読者が文章読む際に『ここから先は〜を話すんだな』って道しるべをしてくれます。


例えば『結論は最初に言おう!』という見出しがあると、『これから結論のことについてアドバイスがあるのか〜』と読者に意識させることができます!


また、太文字を入れることで『どの箇所が重要か?』を読者に意識させることができます!


この記事でも、意識させたい箇所は太文字を使っているので読み返してください!

ブログの書き方8:初心者ブロガーは必ず毎日1記事更新しよう!

イケハヤ

文字数は最初は気にしなくていいっす。とにかく、毎日しっかり1記事は最低でも更新することが大事です。

このアドバイスは、ブログの書き方というよりは『PVを稼ぐため』のコツみたいなもんですね。


イケハヤさんが言うには、『100人ブロガーがいて、1年後にブログを書き続けている人は3人くらいですね』とのこと。


ブログの書き方を意識するのも大切ですが、完璧主義にならずに、文字数を気にせずに『毎日1記事を書くこと』も大事ですよ。

ブログの書き方9:半径3メートル以内の言葉を使おう!

イケハヤ

一般的な読者が理解できる表現、単語を使うべきです。

普通に文章を読んでいる途中で『それはまさに邯鄲の夢ですね』って表現が出てきたら『???』ってなりますよね?


そこで一旦読者の思考はストップします。


それよりも『それは儚い夢ですね』と書いた方が一瞬で理解でき、次の文章に進めます。文章は相手に伝えるものであり、あなたの知識をひけらかすものではないです。

『専門用語、四字熟語、難しい表現』の使用はできるだけ避けましょう!イケハヤさんのブログもシンプルな表現が多いです。

ブログの書き方10:面白い文章を3分で作る黄金レシピを使おう!

イケハヤ

記事をいきなり書き始める前に、5つのことを意識して構成を考えた方がいいですよ

イケハヤさん執筆の『武器としての書く技術 』にも記載されているブログの書き方のコツです!かなり重要なので、少し分解してご説明します。

黄金レシピ5ステップ
  1. その文章で何を伝えたいか
  2. まず書きたいことを箇条書きにする
  3. どういう流れがベストか考える
  4. 具体例を入れながら肉付けしていく
  5. 上記1〜9のアドバイスを確認し、伝わる文章にブラッシュアップしていく

その文章で何を伝えたいか

まず、何を読者に伝えたいのかをはっきりさせましょう!1つの文章で言いたいことは1つに絞った方がいいです!


例えば、『Macbookを買いました』というタイトルだと、『便利なのか』それとも『値段が高い割に不便なのか』がわかりません。


よって『何を1番伝えたいのか』をはっきりさせましょう!

まず書きたいことを箇条書きにする

次に先ほど定めたタイトルに付随して『伝えたいこと』を箇条書きにしてみましょう!

『Macbookは超便利!』というタイトルにする場合なら、以下のような箇条書きになるでしょう。

  • 指だけで様々な操作ができるの便利
  • iPhoneやiPadなどとiCloudで連携できるのが便利
  • 指での操作方法が覚えにくい
  • windowsと同じスペックのものを比較しても値段が高い

どういう流れがベストなのかを考える

①Macbook最高→②どういう部分が便利なのか→③一方で使いにくい場面もある→④でも、やっぱりmacbookだよね!


最終的に『 便利!』と主張したいので、『便利な一方で使いにくい!でも、やっぱり便利だよね!』みたいな流れが一般的ですね。


大まかな流れが決まったら、そこに『自分が経験した具体例』などを織り交ぜて、読者がイメージしやすい文章を書きましょう。

具体例を入れながら肉付けしていく

実際に下記に『Macbook最高!』というタイトルで記事を書いてみました。

タイトル:Macbook最高!

時代の流れに乗って遂にMacbookを購入してしまった。まだ購入してない方に一言伝えたい。Macbook最高!

画面をズーム、スワイプ、辞書検索、スクロールなどする時に『全て指だけ』で操作できてしまう!

iPhoneやiPadともiCloudで簡単に連携可能!だから、時間や場所に縛られずに『パソコン以外の端末でパソコンの仕事』もできてしまう。

もちろん『全て指だけ』の操作に慣れるには時間がかかるし、便利な分お値段も高い。

しかし、Macbook以上に私生活に溶け込み、ストレスのない端末はない。だから僕はmacbookをおすすめする!

この文章で『じゃあ、Macbookを買おうかな』と読者が思うかはわからないです。


しかし、少なくとも『こいつMacbook気に入ってるな!』とは思ってもらえるはずです!相手の印象に少しでも残れただけでも価値があります。

上記1〜9の『ブログの書き方のコツ』を確認し、伝わる文章にブラッシュアップしていく

最後に、上記1〜9の『ブログの書き方のコツ』が実行できているかチェックしましょう。伝わる文章にブラッシュアップされます。


上の文章も上記1〜9の『ブログの書き方のコツ』を意識して書きました!

おまけ:記事を書いた翌日に、必ずパソコンとスマホの両方でチェックしよう!

上記10個のブログの書き方のコツを意識して記事を書いたら、翌日に、必ずパソコンとスマホの両方でチェックしましょう!


あなたも夢中になって記事を書いているため、後で見返すと意外に『誤字、脱字、意味のわからない表現』が使われていたり。


『前後関係がめちゃくちゃな文章構成』
になってたりすることだってよくあります。


そのため『記事を書いた翌日に、パソコンとスマホの両方で記事をチェックすること』をおすすめします!

ブログの書き方のコツは『イケハヤさんの本』にまとまってる!

読者を引き込むような文章を書きたいのであれば、『武器としての書く技術 』がマジでおすすめです!

 

上記10個のブログの書き方のコツ以外にも、様々なイケハヤさんからのアドバイスが記載されています!

  • 注目される記事のタイトルの書き方
  • 人目をひきやすいマジックワード
  • ネットでウケる文章
  • ブログを書き続ける12のコツ
  • ブログで月50万稼ぐコツ

などなど。この記事で紹介したのは、『直接イケハヤさんから教わったブログの書き方』だけです。


文章力に関する本や記事をたくさん読むくらいなら、この一冊だけ何度も読むことをオススメします!

まとめ:イケハヤさんから教わったブログの書き方のコツ

この記事では、イケハヤさんから直接教わったブログの書き方のコツ10個を紹介しました!

ポイント
  1. 『Webの記事は基本的に全てが読まれるものではない』という前提を持とう
  2. タイトルと冒頭で『結論』を言う
  3. 一文を長くしすぎない
  4. まずは「話すように書く」でいい
  5. 『〜だと思います』『〜な気がします』は使いすぎない
  6. ネットでは改行多めが定番
  7. 見出しや太文字を入れよう
  8. 初心者ブロガーは必ず毎日1記事更新しよう
  9. 半径3メートル以内の言葉を使おう
  10. 面白い文章を3分で作る黄金レシピを使おう

いきなり上記10個の『ブログの書き方のコツ』を実行するのは難しいかもしれません。


しかし、ブログで年商1.5億稼いでいる人(イケハヤさん)から教えてもらった『ブログの書き方のコツ』なので、そこらへんの記事で書いてあるアドバイスよりは信憑性は高いと思っています。


1つずつ上記の『ブログの書き方のコツ』を実行して、『1人でも多くの読者の感情を動かす文章』を書いていきましょう!

 

ブログの始め方に戻る